探求三昧2(旧はてなサイト) - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ(はてな旧サイト)




今日の地震


今朝は千葉県、広島県宮城県でM3クラスの地震があった。
合を作っている海王星・水星を追い越して、太陽と会合した、つまり新月になったあたりで起きている。新月トリガーだ。
そして、今夜も長崎県と長野県中部でM3クラスの地震があった。
長野県の地震は、昨日の夜にダウジングで予測していたものだ。
http://d.hatena.ne.jp/nmomose/20050208#dousing


発生時刻 2005年2月9日 21時33分ごろ
震源地 長野県中部
緯度 北緯36.2度
経度 東経137.7度
深さ ごく浅い
規模 マグニチュード 3.1
震源地は乗鞍岳の北東十数キロあたり。
私が昨夜(2/8)21:50にダウジングで「今週中に日本で大きな地震が起きるところは?」という問いで予測したところが、「長野県小県郡真田町」だった。
群馬県との県境、菅平高原の近くだ。
ダウジングを実施してから24時間以内で起きたことになる。
距離の誤差は約80Km。なかなか50Kmの壁を破れない。まだまだ経験を積まないといけないだろうか。それとも、この程度が地域を特定する限界なのか。

…と、ここまで書いて気が付いた。
6日前に実施したダウジング予測のことだ。

2005/2/3 0:40 日本で直近に大きな地震があるのは?→岐阜県大野郡宮村の位山
http://d.hatena.ne.jp/nmomose/20050203

県をまたがっていたのですぐに気が付かなかったが、こちらの方が今夜の地震震源に近い。誤差は45Kmほどだ。やっと50Kmの壁を破った。
…というほど大げさなものではないが。
昨日の夜(2/8 21:50)のダウジングで出たのは、2/5の予測の位置修正だったともとれる。

一応ダウジングでは、いつも「大きな地震は?」ということで質問しているのだが、実際それほど大きくないのは、規模を推定するのが難しいために、一応警告を促すということなのだろうか。
また、「これで終わり」とも言い切れないから、たとえ小さな地震でも予測できた方が良いことは良いだろう。
全体の中の数は少ないが、阪神淡路大震災のときのように、前日に前震を伴う大地震ではないとも限らない。
あとは、目指すところは時期の特定だが、これは今までのところ、むずかしいものがある。
これからも「公開実験」ということで経験を積んでいくしかないだろう。
これで、あとは新月トリガーの期間としては、月が天王星と会合する2/10朝あたりまでが要注意期間だ。
昨日まで、2/11までが要注意としていたが、どうも天体配置の見誤りがあったようなので、お詫びして訂正します。

いまもセミの鳴き声のような耳鳴りが続いている。どうも、両耳で起きているようだ。
明日も引き続き地震にはご注意を。
22:20 70646


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email