探求三昧2(旧はてなサイト) - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ(はてな旧サイト)




耳鳴り・太陽活動・地震


昨日の記事で、頭痛や耳鳴りがはげしいと書いたところ、自分も耳鳴りがしているとか耳が痛いという人からコメントをもらいました。
その話の続きをちょっと。


以前から、情報通信研究機構というところがやっている『宇宙環境イベント自動通報サービス』というのに参加しています。
太陽活動に特別に異常が発生した場合に、自動でメールが配信される仕組みです。↓
http://hirweb.nict.go.jp/swer/swer_help.html
今日は昼頃に2回ほど、メールが届きました。

2006年12月13日13時02分JST 通報
GOES-11 衛星の観測によると,
12月06日15時55分UTに、10MeV以上のプロトン粒子フラックスが1.1e+01PFUを越えました。【以下略】

というような内容です。
ここで、プロトンというのは何者かというと、ぼくもよく知らないんですが…。^^;
太陽フレア(太陽表面での爆発)によって高エネルギーの粒子の放射が発生することのようなんですね。
つまり太陽活動が活発になっているということです。


そういう太陽活動が地球上の環境電磁波にどの程度影響を与えるかについては不勉強で詳しくはないんですが、電子機器に影響が出ることもあるというから、人間にも「影響」があっても不思議はないかもしれません。
近いうちに大き目の地震がなかったとしたら、耳鳴り・耳の痛み・頭痛などの原因は、こういうところにあったのかもしれません。
少しずつ勉強していくことにします。
ちなみに、今日はインドネシアスラウェシ島あたりでM6.3の地震USGS発表)があったようです。
これの前兆だったのかもしれませんが。
でも、まだひどい耳鳴りが続いています(2006/12/13 23:50現在)。


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email