探求三昧2(旧はてなサイト) - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ(はてな旧サイト)




GW聖地巡礼は奈良・京都


今年のゴールデンウィークは、今のところカレンダー通りにしか休めそうにない。
そこで、5/3〜5/6の4日間で、どこへ聖地巡礼すべきかとダウジングで伺ってみた。
この数日間で3回ほどマップダウジングをやって、奈良と京都へ行くようにとの指示が出た。
巡礼先は、下記の通り。

  1. 春日大社
  2. 東大寺
  3. 法隆寺


なんだか、奈良の定番観光地巡りではないか。
だが、最初にお参りするのが春日大社ということは、非常に意味ありげだ。
春日大社といえば、藤原氏(中臣氏)の祖神である天児屋根命アメノコヤネノミコト)や守護神の武甕槌命タケミカヅチノミコト)などを祀る神社ではないか。
古事記では、我が守護神とする(?)諏訪大明神、つまり建御名方神タケミナカタノカミ)を倒した敵対陣営だ。
だが、それは本当のことではないと思う。
つい先月も、大阪出張の際に「元春日」とされる枚岡神社に巡礼してきたばかりだ。↓
http://d.hatena.ne.jp/nmomose/20070314/osaka
鹿島神宮でも枚岡神社でも、はじめてお参りしたときには、おみくじで大吉が出た。
歓迎されているような気さえする。


というわけで、なんだか藤原氏陣営に急速接近中のように思われる。
一体なぜなんだろう?
藤原氏秦氏−多氏という三角関係(?)が、最近気になっている。
私にとっても縁の深い氏族であり、また(まだここまでは書く段階ではないかもしれないが)、三氏族とも、西域の「古びた宗教」と土地に関係がありそうなのだ。
秦氏といえば、東大寺の造営にも秦氏が少なからず参加している。
そして法隆寺といえば、聖徳太子が創建した寺院ということになっている。
たとえそうでなかったにしても、関係がある寺院だろう。
ちなみに、聖徳太子なんて本当はいなかったと言う学者もいるが、私はその説は取らない。
その聖徳太子のブレーン的存在だったのが、秦氏の長であった秦河勝だった。
秦氏聖徳太子も、キリスト教的伝説がつきまとう。
いろいろと探求の種が尽きない面白い旅になりそうだ。


3歳の子連れの家族旅行なので、上記の寺社を廻る以外は遊びだ。
宿はすでに奈良駅近くの旅館を押さえた。
春日大社まで目と鼻の先だが、これも指示通りに選んだ。
奈良といえば、行くのは中学校の修学旅行以来かもしれない。
行きたい行きたいと思っていたが、なかなか行かせてもらえなかった。
なぜか理由はわからないが。

追記(4/5木)

奈良の宿は6畳と狭くて家族の反対にあって、没となった。
いまからGW3日からの宿は探すのが厳しい。
奇跡的に空室があった天平ホテルをいちおう押さえたけれど、1泊3万円以上するのが痛いので、キャンセルするかも。
飛行機利用のフリーのパックも選択肢に入れているが、なんとかなるだろうか…。
個人的にいうと、JALANAがバースデー割引をやめてしまったのが痛い。
5月5日生まれの特権を利用できなくなってしまったではないか。


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email