探求三昧2(旧はてなサイト) - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ(はてな旧サイト)




聖ヴァレンタインデイ


今日はSVD。Saint Valentine's Day。
日本では、なぜか菓子メーカーが喜ぶ日となってしまっているが。
いうまでもなく、本来はローマカトリックの聖人である聖ヴァレンタイン(バレンティヌス)の祝日だ。
紀元3世頃に生きたキリスト教の司祭であり、殉教者だった。
一説では、269年2月14日に、キリスト教の信仰を捨てなかったために絞首刑に処せられた。
だが実際は、複数の人物像が重ねられて聖ヴァレンタインという聖人像がつくりだされたということのようだ。


いま働いているのは、通信系某大企業の武蔵野の研究開発センター。
このところずっと、その仕事場で、1日中マシンルームに張り付いて仕事している。
今日も22:00を過ぎてやっと自席に戻ったら、机の上にチョコレートが置いてあった。
贈り主は、業務委託として一緒に仕事している数十名の中に3人だけいる若い女性たちだろう。


スイス製のキンキラキンの包装紙に包まれていたのは、ベルギー王国フランダース地方でつくられたソフトトリュフ。
口の中がとろけるように美味だった。
いままでの人生でもらった中で、最高の義理チョコだったかもしれない。


義理チョコなんて、わざわざ買わなくてもいいのにと思うが。
余計な出費をさせてかわいそうにと思う。
大勢の男たちに囲まれて、ひとり派遣されてる女の子は、体調不良で休んだ。
それも手かもしれない。
もし大勢の中に「本命」がいるとしたら、その出費も惜しまないだろう。
そうでなくても、日頃お世話になっている感謝のしるしと思う女性も少なくないようだ。
統計結果を見ると。


3人の女の子たちは、彼氏がいそうな気配がない。
みんな容姿は整っているのに。
IT業界では普通のことだ。
男も女も、毎日夜遅くまで働いて、彼氏彼女をつくってる暇なんてない。


ちょっと蛇足になるが…
「結婚されているんですか?」
これは、IT業界では禁句かもしれない。
40過ぎても独身とか、けっこう普通にいるので。


話変わって、本命チョコというのは…
人生で1回もらったことがあるかな。


また脱線するが、生まれてこの方、歳相応に見られたためしがない。
実際の歳を言うと、まず最初は冗談と思われるらしい。
そうでないとわかると…
でも50を過ぎて、さすがに白髪も増えてきて、少しずつ実情に近づきつつあるのではないか。
禍から遠ざかることができるということは、良いことかもしれない。


仕事柄、いままでいろんな企業に派遣させられてきた。
先妻(1)いわく、私のような無口な男が職場に入ってくると、女性の関心の対象となりやすいのだそうだ。
でも、それを「モテる」のだと勘違いしてはいけないと。
そこまで言わなかったかな。


帰宅したら、母がもってきた食事のお盆の上に、小さなチョコが置いてあった。
こちらも、リキュールがふんだんに使われていて、美味だった。
母からもらったことなんて、あっただろうか。
1度ぐらいあったかもしれない。
おととい北海道へと帰っていった(先)妻からは、もちろんなし(あたりまえ)。


そして今は…
本命チョコ?そんなの関係ない。
この歳になると、さすがに。


というわけで、今日の収穫は2個だった。


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email