探求三昧2(旧はてなサイト) - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ(はてな旧サイト)




出会いとか別れとか


多摩湖自転車道路の桜が、かなり花開いてきた。
常駐先の某社研究所の桜も綺麗だ。


いま、Azamiの『桜』という歌がPCから流れている。
Azamiのプロデューサーの方から、4/6(日)のコンサートのときにはぜひAzamiとお話しくださいと言われている。
本当にお話しできたらいいだろうな。


先日公開した『Till I See You Again』が思いの他に評判が良い。
mixi動画で、マイミクさんにだけ公開しています)
メールで感想を書いてくれる人もいる。
『折れた翼』は、それほどでもないかな。
でも、どんなに持ち上げられても(?)、歌では勝負しないだろう。


だいたい、人前で喋ったり歌ったりというのは苦手だ。
とにかく自分に注目が集まるということが好きではない。
「大勢の中の一人」として、楽器を演奏するぐらいなら耐えられるが。
以前、ガムラン音楽の楽団に属していた頃に、いろいろとライヴに出た。
東京国際フォーラムが完成して間もないときに、舞台に立ったことも。
今は懐かしい思い出だ。


ミュージシャンの活動を始めたといったら、「ライブはやらないんですか?」と聞かれた。
そういうことはまったく想定していない。
目指すは、あくまでもレコーディングアーティストだ。
The BeatlesとかRURUTIAのように。


私は、ジョーティシュのナクシャトラ(27宿)でいうところの「シャタビシャジュ」の下で生まれている。
この生まれは、単独行動が好きな一匹狼だったりする。


4/6のAzamiのコンサートには、女性が二人来てくれそうだ。
ライブハウスとか一人で行きづらいので、こちらも嬉しい。
Azamiといえば、GWの私の誕生日(5/5)に屋久島でコンサートがある。
行きたいのだが、経済的な問題とかあって、無理そうだ。


さいきん、ネット上での新たな出会いが多い。
独身に戻って、人々との交流がしやすくなったというのはあるだろう。
所帯持ちだと、どうしても行動半径が狭まってくるので。
年度の変わり目で、移動もあるだろう。
4月以降に新たな出会いが待っているかもしれない。


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email