探求三昧2(旧はてなサイト) - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ(はてな旧サイト)




地震敏感体質になったわけ


昨夜の茨城県沖M6.7の地震は、さすがにちょっと焦った。
震度3の揺れで、けっこう長く続いていたので。
その数時間前から感じていたのは、「何か変」と思わざるを得ないような、気持ち悪い感覚だった。
それについては、昨日の記事で2回に分けて書いたとおり。↓


M6.7の後も10回以上の余震があって、「これで終わりではない」と感じたのも無理はなかった。

地震を予言?

ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルースという予知能力者がいる。
テレビで話題になっているそうだが、私は見たことがなく、詳しくは知らない。
その人が、4月14日かまたは5月14日のどちらかに、千葉県でマグニチュード6.7の地震が起きると予言していたそうだ。
その後も、今年東海地方か中国に大地震が起きるなどと予言しているそうだ。


以上はネット上で集めた情報なので、不正確な部分があるかもしれない。
その千葉のM6.7の地震とは、今日の茨城県沖のM6.7のことだったのでは?
ジュセリーノ氏はすでに日本で何冊か本が出ているようだ。
たとえ予知能力がある人でも、その人の予言が必ず現実のものになるとは限らない。

追記

ジュセリーノ氏については、その後問題ある人物だということがわかってきました。
こちらの記事で書いています。

いつから体感を得るようになったか

地震の前に耳鳴りが起きるということに気づいたのは、思い起こしてみると、2003年6月頃だったと思う。
そのことについて、このブログでいちばん最初に書いたのは、2004年10月7日の下記の記事だった。↓


あの頃は、科学的根拠があるのかどうか、まったくわからなかった。
こんなこと書いてバカにされないかと、ブログに書くのも、かなり勇気が要ることだった。
だが、その後に、地震の前兆として地下で岩石破壊によって電磁波が発生することを知った。
故池谷元伺教授の著作によってだった。
この本は、いくら強調しても強調しすぎということがないくらいに、重要な本。
私にとってのバイブルでもあるし、またこの1冊の本に出逢うことによって、もしかして助からない命が助かることも、将来あるかもしれないのだ。

【緊急改訂】大地震の前兆 こんな現象が危ない (プレイブックス)

【緊急改訂】大地震の前兆 こんな現象が危ない (プレイブックス)


その後、電磁波過敏症の症状として、耳鳴りがあることを知った。
そして、症状としてあげられていることの内、地震の前兆として体感することが少なくないことに気づいた。
それは、耳鳴り、耳圧、頭痛、胃の不調、眠気(?)などだ。
ここで初めて、「電磁化過敏症→電磁波→地震前兆」というリンクが自分の中でできたわけだ。


科学的に根拠がある?

さらにその後、地震の前に耳鳴りがある人たちが、テレビ番組で紹介されていたのを見た。
2007/09/22(土)に放映された『素敵な宇宙船地球号』だった。
下記の記事でその番組のことを書いている。↓
かなり長い記事だが、人類(特に日本人)にとって非常に重要な情報なので。

これを見て、耳鳴りと地震との関係が、科学的に根拠がありそうだという認識が更に高まった。


昨年9月には、ナマジーという電磁波による地震前兆検知器を購入して、自分の「体感」がナマジーの電磁警告と同期することが多く、地震に自信がもてるようになっていった。^^
ナマジーについては、開発元の天山プロジェクトのサイトを見てください。↓
http://www.tenzan-p.com/


自信がもてるようになったとはいっても、それでもまだ半信半疑のところがあるのだが…。
昨夜、Sさんというmixiマイミクさんが、自分とほとんど同じような感覚を得ていたことを知った。
そのSさんが、昨日の記事にコメントとして書いてくれている。
ここに、そのコメントを引用させてもらう。

首の後ろから耳、後頭部にかけて、ぞくぞくする感じで
上に吸い込まれるような引っ張られるような感覚と
両耳が外側から、空気を圧縮して押されてる感じが
私もあります。

何を感じているのでしょうか??
気圧の変化??それとも地球の磁気の変化??


たしかに、地震の前に、気圧の変化のときに感じるのと似た感覚が生じることもある。
だが、気圧と地震の前兆とは関係ないだろう。
やはり電磁波がそのような「体感」を引き起こすのだと思う。
Sさんの報告によって、自分とほとんど同じ感覚を得ていた人がいたことを知り、「半信半疑」が更に「信」の方に傾いてきたかもしれない。


もちろん、耳鳴りというのはいろんな要因があるだろう。
だから、耳鳴りがするといって、それがすべて電磁波=地震と関連があるとは限らない。
だが、いろんな要因があるとしても、それがある時には強まったりするのには、地震の前兆として発生する電磁波が関連していないとも限らない。


私はあまり自覚がないが、霊的存在のせいで耳鳴りが起きることもあるようだ。
さらに蛇足で書くと、霊感がある人は、電磁波にも敏感であることが多いかもしれない。
私の周囲の人々を見ていると、そうではないかと思う。
また、男性よりも女性の方が電磁波過敏症地震敏感体質者が多いようだ。
それだけ精妙なる感覚をもっているということか。
男性の場合でも、たとえば音楽をやっている人とか、ある意味で敏感な部分をもっている人が少なくないのではないかと推測する。
私がヴェジタリアンであることは…あんまり関係ないだろうが、まったくとも言い切れないかもしれない。

歯の詰め物が原因?

なぜこんなにも「地震敏感体質」になってしまったのだろうか。
そうなる前に、何かキッカケはなかったのだろうか。
じつは、これではないかと思うものを最近見つけたのだ。


電磁波過敏症についてネット上で調べているうちに、歯の詰め物をすると、その金属がアンテナの役割を果たして、電磁波をキャッチしやすくなる可能性があるというのだ。
詳しくは、こちらのページに詳しい。
歯科医師が書いていることなので、内容はある程度信頼が置けそうだ。


更に詳しくは、同じ歯科医院のこちらのページも。


このことを知って、ハッと思った。
というのは、地震と耳鳴りの関係に気づいたのと同じ2003年頃に、歯に詰め物をしていたのだ。
それまで奥歯などが穴だらけだったのに、ずーっと放っておいた。
それを、短期間のうちに一気に何箇所も、歯にブリッジなどの詰め物をして、治したのだった。
その歯の治療をしたのが、いつだったのかはっきりとは覚えていない。
耳鳴りの記録を付け始めた2003年6月の前だったか、後だったか…。


だが、ひとつ言えることは、地震に対する「感度」はあの頃よりも今の方がアップしているように思うのだ。
それに、電磁波が原因で頭痛や吐き気が激しくなって「ダウン」するようなことも、昔はなかったように思う。
やはり、歯に詰め物をしたのが原因なのだろうか?
それ以前にも耳鳴りはあったし、はじめからある程度電磁波に敏感な部分は持ち合わせていたのかもしれない。


同じような心当たりがある人、つまり歯の治療をしてから耳鳴りがひどくなったという人がいたら、ぜひ教えてください。


歯の詰め物が耳鳴りなどの原因とわかったとしても、その原因を取り除こうとは思わない。
なぜならば、自分にとっては「苦痛」であっても、その苦痛が他の人々の役に立つかもしれないからだ。
ナマジーを併用することによって、またSさんのような敏感な人たちと情報交換し合うことによって、もしかしたら迫り来る首都圏の巨大地震の被害者を一人でも二人でも死から救うことができるかもしれない。
ちょっと大げさかな。^^;
でも、備えあれば憂いなしで、事前に知っているのと知っていないのとでは、大きな違いがあるだろう。
そのように人の役に立つかもしれないと思えば、たまに頭痛や吐き気でダウンしたとしても、我慢できるというものだ。


何よりも、私は地震予知をすることが、ひとつの「使命」だと感じている。
そう思うようになったのは、ひとつの壮絶な地震の体験からだった。
といっても、自分が地震の被害に遭ったのではない。
それは、2004年12月26日のスマトラ島沖地震だった。
何度も書いているが、地震発生のちょうどキッカリ1週間前に、海辺のあるところで大地震が起こり、ビルが崩壊するのを目の当たりにした。
…という夢を見た。
恐怖感で飛び起きた。
その後、同じ頃に地震の夢を見ていた人たちが少なからずいたことを、ネット上で知った。


あの夢はおそらく、自分の背後について守護されている存在が、必死になって伝えようとしていたのではないかと、いまでは思う。
そして、自分の使命を自覚せよと言っているのではないか、と。

ナマジー+体感記録の見直し

いつも書いているように、地震の前兆としての電磁波のピークは、たとえばM7クラスの地震だと、まず2週間前から電磁波が増え出し、8日前頃にひとつのピークを迎える。
そして次に1日前からまた増え出し、半日前に再度ピークがある。


いままでExcelを使って、ナマジーの電磁警告と私の体感や宏観現象の記録をつけてきた。
ナマジーが1日に3回以上警告を発したときに、便宜上「黄信号」として、5回以上のときを「赤信号」と呼んでいた。
だが、実際は電磁レベルが6とか7だと、ナマジーは鳴かない(ブザーを鳴らさない)のだ。
電磁レベルが8以上になって、はじめて鳴る。
というわけで、8以上のとき(9以上になったのをまだ見たことがないが)だけを問題とすべきかもしれない。
このへんは、いろいろと試行錯誤の段階にあるので、今後も変わるかもしれない。


とりあえず、下記の表で赤や黄色に塗ったところは無視してください。
見えなくいけれど、左から4列目の「電磁」の値が8の時を赤文字にしてみた。
今回の地震の前兆を探してみると…。
9日前の4/29に1日3回、電磁レベルが8になっている。
このへんが、1週間前の前兆ピークだったのだろう。

地震の前に耳鳴りがする人

じつは先ほど、mixiで「耳鳴り」で日記を検索してみた。
すると、次から次へと出てくる。
昨日とか今日とかの日記で、耳鳴りなどを訴えている人たちが。
もちろん、人それぞれでいろんな要因があるとしても。
「この人はそうかもしれない」「この人は違うかもしれない」と、日記を読みながら考える。
「この人はそうかも」と思った人で、わかってもらえそうな人にはコメントを書き残したりしてきた。


ごめんなさい。たくさんの人のところに足跡を残してきてしまいました。
けっしてアヤシイ者ではありません。
いや、こういうブログを書いてるだけで、十分アヤシイかもしれないけれど。^o^

今日の体感

大事なことを書き忘れてた。^^;
今日は昨夜ほど激しい耳鳴りはない。
だが、普通に強めの耳鳴りが続いている。


例の予言の「5月14日」が気になるけれど、いまのところはナマジーもその前兆を見せていない。
(もし本当に千葉に大地震があるならば、もう1週間前だからナマジーに兆候が出ているはずだが、大人しくしてるし)
私のmixiマイミクさんで地震が気になる人は、日記タイトルに「ナマジー」とか「体感」とかあったときにはなるべく読むようにしてくださいね。


ちょっと頭痛が始まりそうな気配。
明日あたり、ちょっと頭痛がヤバイかも。
これが始まると、仕事にならないんだよな。

追記(2008/05/09金1:30)

寝る前に気づくと、耳鳴りがだんだん強くなってきた。
圧が加わってきている。
明日あたり、あるとしたら茨城県沖の余震かな。


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email