探求三昧2(旧はてなサイト) - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ(はてな旧サイト)




山形で大地震の可能性は?


昨日の記事で書いた、「6月に山県で大地震がある」という噂について。↓
http://d.hatena.ne.jp/nmomose/20080531/eq
この噂は、やはり地元の人たちは心配なようで、mixiで質問を受けたりしている。
昨日書いたように、これはいろんな情報がゴッチャになって混ざって、口コミやネットで広まっていったものだろうと思う。


だが、山形県で大地震が起きるということが、まったく根拠がないかというと、そうでもない。
琉球大学木村政昭教授は、新潟中越地震や神戸地震などさまざまな地震を予測していたことで知られる。
琉球海底遺跡の調査でも先駆的な研究をされた人だ。
この方は、山形周辺の地震の可能性をどのように考えているだろうか。
そう思って、手元にある本を取り出してみる。


『図解 次に来る大地震は○○だ! (目からウロコのさんぶん図解)』という本については、過去の記事で紹介しておいた。

Amazonを見ると、まだ絶版になっていないようだ。
1,050円と手ごろな価格なので、山形県に限らず、自分の地域で大地震が起きる可能性について関心がある方は、一読をお奨めする。
ただ、先日出版されたばかりの新刊があるので、こちらの方を買った方がよいかもしれない。↓

大地震の前兆をとらえた!―警戒すべき地域はどこか

大地震の前兆をとらえた!―警戒すべき地域はどこか


『次に来る大地震は○○だ!』の「あなたの街で地震が来る可能性」と題した章で、東北地方を見てみる。
すると、軽快すべき地域として「山形沖空白域」というのがある。
2007年±5年に、M7.5の地震が来る可能性が高いというのだ。
ただし、木村理論では地震というものは火山の活動と連動していて、駒ケ岳と鳥海山の活動に注目する必要があるということだ。
いまのところ、この2つの火山には動きがまったくなさそうなので、当面は大丈夫だということだろう。
2007年±5年といっても、可能性が高いというだけで、必ずこの期間に地震が起きるというわけではないので。

5/8の茨城県地震も予測されていた!

山形県」という本題からは逸れるが、木村政昭ホームページで興味深い記述を見つけた。
5/8に起きた茨城県沖M6.8の地震は、『次に来る大地震は○○だ!』で木村教授が指摘していた空白域で発生していたのだ。
詳細は下記ページにある。
第2種B型空白域→2008年5月8-9日の地震は茨城沖空白域で発生

他の地域は?

ちなみに、気になる首都圏の直下型地震だが、その兆候は見られず、当面は大丈夫のようだ。
東海大地震についても、いまのところその兆候はまったく見られないということのようだ。
もっとも、上記の最新刊ではニュアンスが異なっているかもしれない。
私も読まなければならないと思っている。
木村教授のHPは、いつも目が離せないところだ。↓

地震の恐怖をなくすには

スピリチュアルな観点からすると、人間はなぜあることに恐怖するかというと、それはその対象についての無知から来るものだということ。
たとえば、なぜ多くの人々は死を恐怖するかというと、「死んだらどうなるか」についてまったくわかっていない(わかろうとしない)からというのがあるだろう。
つまり、自分が恐怖する物事についての十分な情報を得れば(理解を深めれば)、恐怖心は低減するということだ。
なので、日本という地震大国に住むわれわれとしては、やはり地震についても、十分な知識を得ておく必要があるだろう。

今日の体感とナマジー

今日はナマジーが昼と夜と2回、電磁レベル8の電磁警告を発した。
耳鳴りの方は、弱いのが少しあるくらい。


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email