探求三昧2(旧はてなサイト) - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ(はてな旧サイト)




神への全託〜今生の使命


Photobucket
これを読んでいる方々は、自分に与えられた「使命」を自覚しているだろうか。
若い人ならば、そうでなくても仕方ないだろう。
それを悟る人生の時期は、人によって異なるかもしれない。

使命の自覚

私の場合、なんとなくこれだろうと思っていたことがあった。
10代前半のときのことだ。
それは、霊性にかかわることを世に広めるための活動をするということ。
人々が霊性(スピリチュアリティ)に目を向けるようになるために、情報を提供すること。
その根底には、次のような前提がある。
人間がこの世に生まれてくる最大の目的として、今生での学習を経て霊的成長を遂げることがある。


そのため、心霊や超常現象の研究を始めた。
その後、自ら霊性の探究を目指すようにもなった。
もっと遡れば、小学生の頃、この地球という惑星にいることが、何か場違いのように思えていた。
まるで自分が他の惑星から来たかのような感覚があった。


10代前半で気づいた「使命」は、それほど大きく逸れていなかったと思う。
だが、それだけではまだ欠けているものがあった。

神に全託した人生

ところで…
私がブログでよく書いていること。
「自分の人生を神に全託した」という意味、
わかってもらえているだろうか?


wayang
あれは1994年のことだった。
インドネシア・東ジャワで仕事をしていたときのこと。
わたしは38歳になっていた。
ある出来事をきっかけに、「自分の人生はすべて神さまにお任せしよう」と心に決めた。
『神さまのワヤン』になろうと。
「神さま、どうか自由にお使いください」
※ワヤン=ワヤン・クリット。ジャワ島やバリ島に伝わる影絵芝居、及びそれに使われる人形のこと。


こうして、自分のもっとも重要な使命に気づいた。
ここでいう「神」とは、宇宙創造主だ。
今は特定の宗教への信仰をもっているわけではない。
特定の信仰がないということは、あらゆる信仰をもっているということかもしれない。

聖地巡礼の始まり

その年に、最初の離婚をしていた。
そして38歳にして、人生の道を悟った。
今年、また家族と別れて、また新たな人生が始まるのかもしれない。


いわゆる聖地巡礼というものを始めたのも、1994年だった。
ジャワ島のプランバナン寺院(かつてのヒンドゥー教の霊廟)などを訪れた。
インドネシアと世界の平和を祈るために。
いま思うと、突然インドネシアへ行かされたり、イスラエルへ行かされたりというのは、偶然ではまったくないのだろう。


あの頃は、ある神社を信仰していた。
宇宙創造の神を祀るところで、そこではこう教わっていた。
「宇宙創造の神を信仰する人は、どこのどんな神社仏閣へ行って祈っても良い。ただし個人の願い事はしないように」


30歳になるまでは、神社仏閣というところはあまり興味がなかった。
ただ、どこだったか、箱根かどこかの神社か寺院を訪れたことがあった。
その頃は、神仏というのが本当にいるのかどうかわからなかった。
だが、とにかく、こういうことを祈った。
「世界全体が平和になりますように」
たしか20代の頃だったと思う。
もしかしたら、あのとき、宇宙創造主とチャネルがつながったのかもしれないと思う。


実際にさまざまな国々の聖地を訪れるようになったのは、1999年あたりだった。
聖地巡礼先を指示を受けて行くようになったのは、2002年のことだったと思う。
なにげに、地図上でダウジングをしてみたのだ。
ゴールデンウィークに行くべき場所は?」と。
そして、ペンデュラムが振れたのは、京都と天橋立だった。


それ以来、内外の聖地を訪れてきた。
ジャワ島、バリ島シンガポールエルサレムベツレヘム、ルルド、プラハ、香港、そして日本各地の聖地。
ヒンドゥー教の寺院でも、キリスト教の教会でも祈る。
下記のシリーズで書いているのは、そのごく一部だ。

孤独な旅

というわけで、「私の幸せ」とか「I、My、Me、Mine」とか、そういうところとはまったく別の次元で生きている。
自分のことを、特別な人間とは思っていない。
同じような目的をもった魂は、たぶん今、たくさん生まれてきつつあるだろうから。


人生に何の欲もない
私的な夢もない
ただ神に使われるままに生きる


誰も共感してくれなくても
誰も同じ道を行こうとしなくても
ただひとり歩む


どんなに孤独な旅路でも
後悔することは決してない
これが自分に与えられた使命だから


Photobucket
人間には理解してもらえなくても
神仏に理解してもらえれば良い
自分のやるべきことをやって
いつか人知れず
元いたところへ帰って行きたい


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email