探求三昧2(旧はてなサイト) - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ(はてな旧サイト)




50万アクセス突破+ブログを回想


このブログのアクセス数が、いつの間にか50万件を超えていた。
ここ数日は1日1000件ぐらいに落ち着いているから、先週金曜日(6/20)頃に突破していたのだろう。
アクセスカウンターなんていちいち見ないので、気が付かなかった。


2004年9月18日からカウントを開始して、1370日(3年半)ぐらいで達成した。
カウントの方法は、いちおうユニークアクセスとなっているが、ちょっとインチキが入っている。
途中からユニークアクセスに変えているからだ。
最初の頃は、たとえば1人が1日に5ページを読んだら5だけカウントアップされていた。
これに対して、ユニークアクセスは重複したカウントをせず、1日に何人が訪れたかを正確にカウントしてくれる。


平均でいうと、1日あたり360人ほどが訪問してくれた計算になる。
世の中の人気ブログに較べたら、大した数ではないだろう。
4年前にブログを始めた頃は、訪問者がすごく少なくて、メゲていたものだった。
コメントをつけてくれる人も、ほとんどいなく、寂しい思いをしていた。
いまでは、スピリチュアルとかいろんな領域のキーワードでYahooやGoogleで検索すると、上位に出てくることが多くなった。


ブログを始めたのは2004年の夏頃で、その後にブログのはしごを何度か繰り返して、その秋に『はてなダイアリー』という「安住の地」を見出した。
細かいところではいろいろ気に入らない部分もあるが、いまだに使い続けているのは、気に入っているということになるだろうか。
いわゆるオーソドックスなブログサービスではないので、たとえばブログパーツが使えないものがあったりとか、いろいろあるのだが。
その代わり、いろんなユニークなサービスが利用できる。
はてなキーワードというのも、そのひとつだろう。


mixiを始めたのが、その翌年の2005年夏だった。
まだ3年しか経っていないことになる。
mixiで、いろんな人々と知り合うことができた。
各地へ聖地巡礼して、初めてリアルで会ったマイミクさんもいた。
今年の夏は、そういう出逢いがあるかな…。
今のところ、長崎へ聖地巡礼するように指示が出ているが、どうなるかはわからない。


『探求三昧』(たんきゅうざんまい)というのは、私が造語した四字熟語(?)だ。
「はじめに文字数ありき」で、四文字の漢字をタイトルにしようと、いろいろ選択肢を考えてみた。
霊性の探究、真理の探究ということで、「探究」という言葉を入れたかった。
探求三昧なんていう使い方は誰もしないから、検索エンジンで一発で見つかるというメリット(?)もある。
もっとも、このタイトルを覚えていない人もけっこういるようで、代わりに「百瀬直也」とかで検索する人も少なくないようだ。


「百瀬直也」という名前も、あまりない名前でよかった。^^
ただし、「百瀬」だけだと、見つけるのにちょっと苦労する。
百瀬という苗字の芸能人、文化人、企業、アイドルなど、けっこういるものだ。
この苗字は珍しいと思うだろうが、全国のランキングでは700位代で、思ったよりも多い(?)。
百瀬直也という人は、ネット上で探すと、他に一人ほどいるようだ。
「日本でただ一人」でないことが、ちょっと残念。
だいぶ前から検索で出てきていたが、名古屋の方で少年野球をやっていた百瀬直也君。
いまでは10代後半ぐらいいっているかもしれない。


ちょっと懐かしくなって、ほとんど自分受けしかしないようなことを書いてしまったか…。
アクセス解析で調べると、1日のアクセス数のうちの約半分が、ブックマークなどから飛んでくる人々であることがわかる。
他には、mixiの日記(このブログへリンクを張っているだけ)からジャンプしてくる人たち。
そのほとんどは、私のマイミクさんだろう。
こうして見ると、常連さんが多いようだ。


Photobucket
このブログの特徴として、週末よりも平日の方がアクセスが多い(?)かもしれない。
もしかして、職場でブログを読んでいる人もけっこういるのだろうか?
はてなアクセス解析では、アクセス元の地域(国)もわかったりする。
それによると、米国、カナダ、韓国、中国などの国からのアクセスも見られる。


今後も、よっぽどのことがない限りは、はてなダイアリーから引越ししないだろう。
また、ブログは老後もずっと書き続けることだろう。
というわけで、今後も(アヤシイ)情報発信をし続けますので、よろしくお願いします。
ThankYou三昧


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email