探求三昧2(旧はてなサイト) - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ(はてな旧サイト)




兄弟対決は弟の勝利


今日、昼休みにWeb速報でWBCワールド・ベースボール・クラシック)の試合を見ていた。
決勝戦は日本対韓国。
予想通りの組み合わせだ。
試合途中で昼休みが終わってしまった。


帰宅してから、イチローが打った決勝打をTVで見た。
同点で延長戦に入った10回表に出たヒットだった。
イチローらしいセンター返しでドライヴがかかったヒットだった。
日本と韓国の実力は伯仲していて、どちらが勝ってもおかしくはない。
勝てたのは、勝利の神が味方したということか。
やはりイチローにも神さまがついているのかもしれない。
これでWBCが始まってから2年連続優勝。


以前に、日本と韓国は兄弟だと書いた。
日本は韓国から流れてきた人々が中心となってつくった国だから、韓国がお兄さんといえるかもしれない。
そうすると、今回は弟の勝ちということになる。


MVP(Most Valuable Player、最優秀選手賞)は、今回も松坂だった。
本人は「岩隈に悪い」と言ったそうだ。
たしかに今回は、候補がたくさんいて選択がむずかしかっただろう。
岩隈、ダルビッシュイチローとか。
岩隈は、いま日本で最高レベルの投手だろう。
なんといっても、昨年ホームランを3本しか打たれていないのだ。


米国の選手たちは、「お金が大事」とばかりに大リーグの試合を優先して、WBCにを敬遠する選手が多い。
これに対して、日本は「お金や個人成績よりも日本全体が大事」とばかりに、万難を排して参加する。
夢を追いかけているのだろう。
「侍」の名にふさわしい選手たちだった。


日本の勝利は、「和」の勝利かもしれない。
スター選手ばかりが揃っても、基本にあるのは、日本のお家芸である「つなぐ野球」だ。
「和をもって尊しとなす」(聖徳太子の言葉)の精神が、野球に生かされている。
その意味では、韓国も同じかもしれない。
だが、その和の力が上回っていたのだろうか。
そういう意味では、全員がMVPといえるかもしれない。
個人的には、ダルビッシュかなとも思う。


先週の記事で、WBCについて書いた。

そのときに、こう書いた。

だが、今年の日本チームは残念ながら、そこまで行く「覇気」がイマイチかも。
牽引役のイチローも調子が出ていないし。
よっぽど「奇跡」でも起きないと。


「覇気が」云々は、失礼だったかもしれない。
上のように書いたのは、もちろん「奇跡」を期待していたからだ。
奇跡は大げさかもしれないから、「プチ奇跡」とでもしておこう。
韓国に負けたときは、もうダメかと思った。
だが敗者復活戦で勝ち上がってきた。
最後まで諦めない心を教えてくれた選手たちは、まさに侍の名にふさわしいだろう。


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email