探求三昧2(旧はてなサイト) - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ(はてな旧サイト)




地デジテレビとアンテナ選び


今日、うちの母が、地デジ対応のテレビのことで相談にきた。
今のアナログテレビをそのまま使い続けることができるという情報を、テレビ番組から仕入れたようだ。
たしかに、1台7000円前後の地デジチューナーを買えば、アナログテレビを使い続けることは可能だ。
だが、うちで使っているような旧型の画面だと、ワイド画面が小さくなって見づらくなるという大きな問題がある。
アナログテレビ+地デジチューナーの購入を考えている人は、この点を考慮すべきだろう。

アナログテレビを流用する?

うちでは、母の部屋と私の部屋に2台、ブラウン管式の大きなテレビがある。
まだ使えるものを処分するのは、もったいない話だ。
だが、前述の画面サイズのことを考えると、母用には安い地デジ対応テレビを買った方が良いかもしれない。


近所の西友で見たところ、32型の大きな地デジテレビが4万円ぐらいで売られている。
もちろんそういうのは、どこかの国で生産された名もないメーカーのだろうが。
価格comで調べると、32インチで安いのだと36000円〜40000円ぐらいであるようだ。
もっとも、これは最安値の店での値段だ。
大手メーカーの製品でも、32インチが4万円前後で買えるようだ。

アンテナの問題

地デジを見るには、UHFアンテナが必要だ。
うちは借家だが、どうもUHFアンテナは付いていないようだ。
屋根にアンテナを立てるには、大家の許可を得なければならない。
大家が負担してくれることはないだろう。
また、壁に穴を開けると、後で塞ぐように言われたり、いろいろ面倒だ。


室内アンテナというのは利用できないだろうか。
ネットで調べてみると、室内用アンテナというのはあるが、強電界地域用というのばかりだ。


「強電界地域って?」
ネットでいろいろ調べても、すぐに出てこない。
結局、某電機メーカーのサイトで、わかった。
強電界地域とは、「送信所が見えるところ」なのだそうだ。
東京都23区内では、送信所は東京タワーだ。
東京タワーが見えるところならば、強電界地域ということになる。
他に東京都では、青梅、八王子や離島にも送信塔がある。
ちなみに、たとえ強電界地域でも、周囲の建物が邪魔して実際には強電界にならないところもあるようだ。
ここ小平市は、ちょうど東京タワーと八王子の中間ぐらいにある。
ただし、電波の強さも考慮しなければいけないかもしれない。
東京タワーから20キロ弱で、中電界地域にはなるようだ。


各地の送信所の場所などは、MASPROの下記のページで調べることができる。

ブースター内蔵室内アンテナ

Amazonで、こういう室内アンテナを見つけた。
◎日本アンテナ 地上デジタル放送受信用薄型UHFアンテナ(中・強電界地区用) UDF80


カスタマーレビューを見ると、八王子で使えたという人がいるようだが、前述のように八王子には送信塔があるので使えるのだろう。
小平市はどうかわからない。
だが、たとえそのままでは使えなくても、ブースターを使えば受信可能になることもあるようだ。

オートブースター内蔵のマスプロの室内アンテナ

更に探求してみると…。
マスプロで、オートブースター内蔵アンテナという製品があった。
オートブースターとは、マスプロが業界で初めて製品化したUHF全帯域の入力レベルを自動で調整するテレビ信号増幅器だそうだ。
Amazonのカスタマーレビューで、これを買って「山に囲まれた盆地に住んでいる」人でも地デジが受信できるようになったと書いてあった。
ただし、室内ではダメで、ベランダに設置しているそうだ。
これは買いだろう。
うちだったら、室内でも受信できるかもしれない。


マスプロ電工 簡易型 UHFアンテナ室内室外兼用型 オートブースター内蔵 TT2B

マスプロ 地上デジタル放送用 卓上アンテナ屋内・屋外両用Top Ten TT2B

マスプロ 地上デジタル放送用 卓上アンテナ屋内・屋外両用Top Ten TT2B


室内アンテナを使う理由としては、一戸建てでも「落雷が怖いから」とか、集合住宅で難しいとか、いろいろあるようだ。
この製品は、価格コムでも高い評価を得ている。
電波の受信で地域的に問題がある人が、店でこの製品を奨められて、解決したとか。
電波に問題がある立地で室内アンテナを利用するには、ブースターの使用が必須のようだ。


うちの場合、2ヶ所のテレビで分配器でアンテナを共有できるのだろうか。
たとえできないとしても、1万円以下で買えるアンテナだから、2台買うというのもありだろう。

安い地デジテレビ

次は、母用のテレビを探さなければいけない。
日本の大手メーカーの製品で、4万円ちょっとで買えるものを2台ほど選んでみた。
安くても素性のわからないメーカーは一応はずした。
価格.comでも上位に入っているものだ。


まずは、シャープの製品。
価格コムのランキングで2位で、Amazonでは43,800円。
◎【エコポイント対象商品】 Sharp AQUOS 32型 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ LC-32E8-B

シャープ 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ AQUOS LC-32E8-B

シャープ 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ AQUOS LC-32E8-B

上記はAmazon以外の業者の販売で、プラス送料がかかると思う。
こちらはAmazonの販売になる。
送料がかからないが、取り扱い手数料がプラスされる。
◎【エコポイント対象商品】 SHARP LED AQUOS 32V型 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ LEDバックライト ブラック系 LC-32SC1-B
シャープ 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ ブラック AQUOS LC-32SC1-B

シャープ 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ ブラック AQUOS LC-32SC1-B


次は、パナソニックの製品。
価格コムのランキングでは16位で、Amazonでは42,800円だ。
Amazon以外の業者の販売になり、送料がかかると思う。
◎【エコポイント対象商品】 Panasonic 32V型地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンテレビ(チタンブラック)THL32C2 TH-L32C2


これで、うちの地デジの問題はいちおうは解決かな。
自分用のテレビは、いまは失業中だし、我慢してアナログTVを使うことにしよう。
そのための地デジチューナーについては、後日また探求することにしたい。
これから地デジ対応テレビ(または地デジチューナー)を買おうという人は、下記のサイトを参考にしてください。
下記の2番目の記事を見ると、地デジTVは、今後これ以上の大幅な価格下落は期待しにくいとか。
流通ジャーナリストが言っているので、そうなのかもしれない。
まあ、上がることはないと思うから、直前まで待つのもありかもしれないが。
ただ、アンテナ設置工事とかは、予約が殺到して待たされるかもしれない。


【参考になるサイト】


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email