探求三昧2(旧はてなサイト) - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ(はてな旧サイト)




衆議院議員選挙で自民・公明が圧勝〜日本は終わり?


現在、Amazon第2弾の著書『大地震の前兆〜生き残るための必須知識《動物編》』(仮題)を執筆中で多忙だが、少しだけ書くことに。


第46回衆議院選挙は今日12月16日、投票・開票された。
出口調査の結果、自民、公明両党が計300議席を超す見通しとなった。
この結果、自民党公明党両党が3年ぶりに政権を奪還する。
そして、安倍晋三氏が首相となる。
民主党は100議席を大きく下回り、壊滅的な大敗を喫することが確実に。
野田佳彦首相は責任を取り、退陣へ。


朝日新聞などの調査で、あらかじめわかっていたことではあるが、落胆の気持ちを隠せない。
Twitterの私のTL(タイムライン)上でも、落胆のツイートが多く見られる。
民主がダメだから自民というのは、あまりにも単細胞的というか。
かつての自民党一党独裁時代に、日本はどうなったか?
政治の腐敗が進んだのも、自民党のせいだ。
利権や私欲のために原発を54基も造ったのも、自民党だ。

先が見えてしまう

この選挙の結果として、これからの日本に何が起きるか?
中にはほぼ確実なこともあるが、あくまでも可能性として書いてみると…。


自民党がこれだけ圧勝したということは、いま原発国民投票をやっても、原発推進が勝つということか。
私はもう日本国民不信になりかかっている。

責任は国民に

「こんな国に誰がした?」
「国民がした」


国民を騙して洗脳してこれだけ多くの原発を造って来た自民党が政権を取り戻して、原発に対する政策はそう簡単には変わらないというか変えられないでしょう。
そういう党を選んだ国民が悪い以外の何ものでもない。
せめてインターネット上でも投票できるようになれば、若い人たちも投票して、結果は大きく変わっていたかもしれない。


福一以上の原発事故が起きても、もう知らない。
それでも、聖地巡礼して地震鎮静の祈りを続けることはやめないけれど。


さて、次は参議院議員選挙が控えている。
私はもう何も期待しないけれど。


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email