探求三昧2(旧はてなサイト) - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ(はてな旧サイト)




AmazonのKindleダイレクト・パブリッシング(KDP)〜ロイヤルティ70%開始


AmazonKindleダイレクト・パブリッシング(KDP)で、「ヴィア・ドロローサ〜イエスが歩いた悲しみの道」(全3巻)を出版したことは、下記の記事で書いた。


今朝、Amazonからメールが送られてきた。
件名を見ると、「70%のロイヤリティオプションが日本でご利用いただけるようになりました(KDPセレクトへの登録が必要です)」とある。
これは朗報だと思った。

配信料も変更された

このKindle本販売システムでは、紙ベースの本の印税にあたるロイヤルティが、35%と70%のいずれかから著者が選択できる。
詳しくは前述の記事で書いている。


今まで、日本のKindleストアで売れた本については、70%オプションが適用されなかった。
これが、数日前から70%も可能になった。


さらに嬉しいことは、ロイヤルティから差し引かれる配信コストが、1MBあたり15円だったのが、日本のKindleストアでは1円に設定するという。


この太っ腹は、どういう風の吹き回しだろう?
10月から日本で始まったKDPのシステムで、予想していたほど利用者が少なかったから?
それとも、後述する独占販売権による著者の囲い込み?
その辺の事情は不明だが、個人で出版する人間にとっては嬉しいことだ。

収入はどれだけ変わるか

では、ロイヤルティを70%に変更すると、利益はどれだけ違うのか。
例えば、前回の記事で書いた例では、こうなっていた。

作成したKindle本のファイルサイズが20MBのマンガや写真集だと300円になり、これを500円で販売すると、ロイヤルティは1冊50円しか残らない。


これが、今回の変更では、同じ条件だと配信コストが20円しか引かれず、ロイヤルティは330円になる。


次に、私の著書のように、文字主体で画像がそれほど多くない本の場合を見てみる。
例えばファイルサイズが1MBだとすると、300円の価格にすれば、ロイヤルティは209円となる。
今までの2倍近くになる。
前回書いたように、自分のブログやサイトで自分の本を紹介すれば、さらにアフィリエイトの紹介料を得ることも可能だ。


70%のロイヤルティを設定するには、販売価格が250円以上であることが条件としてあるようだ。
私の著書の場合、各巻200円で出版してしまったので、今さら上げられない。
現在執筆中の自作から70%を適用することにしたい。

KDPセレクトの登録が必要

この70%オプションを適用するには、「KDPセレクト」のオプションを設定する必要がある。
これは、Amazonに対して独占販売権を与える条件付きなので、他のところでも販売していると利用できない。
KDPセレクトの登録による特典としては、90日間の内で5日間、無料キャンペーンができる。
また、貸出を可能に設定すれば、貸出料を得られたりする。

サンプル版

KDPセレクトの契約をすると、その期間中はAmazon以外での作品の販売や内容の公開はできない。
ただし、本の内容の10%までは公開しても良い。
この制限内で、自サイトでサンプル版を配付したりできるわけだ。
Amazonのサイトで冒頭の10%(ただし最大15ページらしい)が自動的に試読版として作られるので、それと重ならないようにサンプル版を作ることも可能だ。


この記事で書いたロイヤルティなどの変更は、本ごとにいつでも変更できる。
何か不明な点などあれば、コメントで質問してください。
わかる範囲でお答えします。


[asin:B00A04Q15E:detail]
[asin:B009XKLTGW:detail]

Kindle Fire HD 16GB タブレット

Kindle Fire HD 16GB タブレット

ヴィア・ドロローサ?イエスが歩いた悲しみの道<第1巻>

ヴィア・ドロローサ?イエスが歩いた悲しみの道<第1巻>

ヴィア・ドロローサ?イエスが歩いた悲しみの道<第2巻>

ヴィア・ドロローサ?イエスが歩いた悲しみの道<第2巻>

ヴィア・ドロローサ?イエスが歩いた悲しみの道<第3巻>

ヴィア・ドロローサ?イエスが歩いた悲しみの道<第3巻>


【参考サイト】


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email