探求三昧2(旧はてなサイト) - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ(はてな旧サイト)




【松原照子氏】世見通りに(?)安保法案は可決された~諦めない気持ち


今日の1本目の記事で書いたように、今日未明に、参議院で安保法案が可決された。
反対していた私には非常に残念な結果だが、後述するように松原照子さんも、そういう結果になると世見していた。
なので、「ああやっぱりそうなったか」と思ったものだった。


だが、事態は悲観的なことばかりでもない。
三重県松阪市長らが結成した市民団体は、集団違憲訴訟を起こす準備を進めている。
「国民全体の訴訟として、裁判の場で闘いたい」と市長は語る。
賛同する地方議員らと1万人規模の原告団を目指し、早ければ年内にも提訴するという。


今年6月の衆院憲法審査会で「違憲法案」と指摘した憲法学者小林節慶応大名誉教授が弁護団長となり、20人以上の弁護士が参加する予定。
問題は、日本の裁判制度では法律の違憲性だけを問うことはできないこと。
審理対象となるには、原告の権利が侵害されたり、損害が生じたりしている状態が必要だ。
その点が、どうなるかだ。

「絶対に諦めない」若者たち

自由で民主的な日本を守るための、学生による緊急アクションとして生まれたSEALDs(シールズ:Students Emergency Action for Liberal Democracy - s)の奥田愛基さんは「民主主義は終わらない」として、まだ諦めないようだ。


このような若者たちには、好感が持てる。
この犯罪的な世界はおかしなことばかりで、おかしいことをおかしいと思わないのはどうかしている。
私は中学生の頃に、勉強するということは、「いい大学に入っていい会社に就職して、いい給料をもらって…」といったおきまりのコースを目指すことに他ならず、そういう学校や日本の教育のあり方に大いに疑問を抱いていた。


ちょうど11年前の今頃、探求三昧開設間もない頃に、「世界を変えること」と題した記事を書いていた。tankyu.hatenablog.com


上記の記事で紹介しているが、写真家の浅井慎平氏は、30年前の朝日新聞の「変だぜちょっと」というエッセイで、世の中が「ちょっと変だぜ」と思わない若者がいたら、どこか感受性に欠陥があるか、「世の中ってそんなもんだ」と利口ぶっているにすぎないと書いていた。
もう一度、その最後の部分を引用する。

こんなことがあっていいのか。
なんてひどい世の中なんだ。
いつか世の中を変えてやるぞ、と
若者は人間の誇りをかけて怒り狂う。
それゆえに若さは素晴らしいのではないのか。
「だってしょうがないじゃん」と
自分を甘やかす青春を恥とせよ。
(1985年3月6日、朝日新聞夕刊「変だぜちょっと」浅井慎平より)


非常に感銘を受けたので、この文をノートに書いていた。
SEALDsの学生たちは、そのような社会の矛盾が許せずに行動に出たということで、期待が持てると思ったものだった。

松原照子さんの世見

下記の記事で紹介したが、松原照子さんは7/28の世見で、安保法案の結果を予見することを書いていた。tankyu.hatenablog.com


もう一度、引用しておく。

私は自分の感(勘)を信じたい。
この度の法案は、よほどのことがない限り参議院で可決することでしょう。
(松原照子、ブログ「幸福への近道」、2015/08/24より)
http://www.あほうどりのひとりごと.com/article/424696264.html


だが、単にこれだけで世見的中とするには弱いかもしれない。
私だって同じく思っていたし、他の多くの人々も同様だろう。


その前の7月28日、「日本が戦争に参加する日は近い!?」の世見では、こう書いていた。tankyu.hatenablog.com

アァ 日本が戦争に参加?
(松原照子、ブログ「幸福への近道」、2015/07/28より)


これだけでは、疑問符も付いているし、確信を持ってそう言っているとは言いがたい。
だが、今日の法案可決によって、その可能性は増したと言えるだろう。
更に、安部首相は「次のステップ」として、憲法改正を考えているという。↓


blogos.com


ほら言わんこっちゃないといった感じだ。
個人的には、集団違憲訴訟に期待するしかないが、これもあまり楽観的にはなれないというのが正直なところ。
もう世の中の仕組みがそうなってるから仕方ないと言ったら、浅井慎平さんに怒られるか。
SEALDsたちにはもうひと頑張りしてもらいたいところだが、SEALDsの奥田愛基氏が緊急入院したという情報も入ってきた。
大丈夫だろうか?


SEALDs 民主主義ってこれだ!

SEALDs 民主主義ってこれだ!

時代の正体――権力はかくも暴走する

時代の正体――権力はかくも暴走する

  • 作者: 神奈川新聞「時代の正体」取材班
  • 出版社/メーカー: 現代思潮新社
  • 発売日: 2015/08/31
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
民主主義ってなんだ?

民主主義ってなんだ?


明日は横浜に行ってきます。
中華街では、媽祖廟にお参りして、地震津波の鎮静を祈ってきます。
みなとみらいにも出没する予定です。


今日、100円ショップで買ってきた10万円貯金箱で、500円玉貯金を始めた。毎日は無理だけど、仮に入れたとすると7ヶ月弱で貯まる。どのくらいで貯められるか?Today we started 500 yen coin savings. We hope we can save 100,000 yen.
https://instagram.com/p/7zsxYeo2g9/
 


【愛弥美】品切れだった愛弥ちゃん写真、入荷しました。(^-^)
https://instagram.com/p/7zHubco2vz/


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email