探求三昧2(旧はてなサイト) - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ(はてな旧サイト)




【予知夢】マリアさん北海道が気になる→雌阿寒岳が活発化~オホーツクプレートからアラスカまで地震に要注意か


f:id:nmomose:20200811225547j:plain

昨日ヒプノセラピストマリアさんが北海道東部を丸で囲んでいて、私も北海道からアラスカあたりまで大地震が連動するパターンを調べていたが、その後に雌阿寒岳が活発化してきたようで、やはり要注意だ。


 

8月以降「千島域」は要注意

まず、元気象庁の岡田正実氏のエリア区分による「K:千島域」について。

f:id:nmomose:20200804223452j:plain
 

8月に入ってから書いたように、上記マップの「K:千島域」は8月~11月がM7クラス以上の大地震が多く起きている。

今年に入ってからの流れを見ると、私はアラスカ以西を含めて要注意だと考えている。

f:id:nmomose:20200811230522j:plain
 

マリアさんも気になる

すると、マリアさんも昨日の記事で紹介したように、北海道の東部が気になっているという。

f:id:nmomose:20200809221908j:plain


そして、今日は雌阿寒岳が活発化してきたというニュースが入った。


 

ちょうどマリアさんが気になって丸で囲んでいたところだ。

f:id:nmomose:20200809221210j:plain
 

アラスカ~北海道あたりの大地震の連鎖

中短期的には、北海道は鯨類のストランディングが多発していることが気になる。
そして、もう少し期間を延ばすと、アラスカまでの大地震の連鎖の可能性を考え始めた。

今日、軽く調べた限りでは、下記のように数カ月以内にM7.5以上の地震の連鎖が起きていた。

f:id:nmomose:20200811231535j:plain
 

パターンとしては、「東→西」というのと、「東→西」がある。
今回の場合は、今年に入って千島→アラスカと連鎖したので、もうこれで終わりかもしれない。

だが、もう一回と戻ってくるパターンもあるので、安心はできない。

雌阿寒岳

雌阿寒岳に話を戻すが、5年前から気になっていた。
2015年6月に、釧路地方で群発地震が起き始めた頃からだ。

その年の4月23日には、北海道中標津町養老牛の町道が陥没し、乗用車が深さ約2.4mの穴に落ちたという事故があった。

そして付近には雌阿寒岳があり、注視していた。


 

マリアさんから

さきほど、マリアさんからは雌阿寒岳のニュースとともに、こう書いてきた。

十勝岳大噴火も降りてますし。注意ですね。

昨年お参りにいきましたが、行った場所はやはり
動いていきます


行った場所は動くというのは、私の場合は3.11前には散々聖地巡礼して、よくわかっている。
私の場合は海外まで対象範囲があったこともある。

マリアさんがブログで書いているように、M3クラスの地震も何度か起きている。


 

やはり北海道あたりは注意が必要ということで、今日は手短だが、ここまでで。


※こんど家族で秋川渓谷へ行くので、タープとポールを買った。

いろんな形で設置できるのが良い。

f:id:nmomose:20200811233250j:plain


https://www.instagram.com/p/CDvOqSKgb1R/
【ちび子】2020/08/11朝、カウンター値:60回。少なくなった。2018年9月上旬に生後1ヵ月で買って、多分2歳になった。ジャンガリアンは小型で寿命は短く、平均で2~3年、最長でも3.5歳くらいだそう。長生きしてね。#地震予知 #ハムスター地震予知 #ハムスター #ジャンガリアンハムスター



【動画】さよなら、としまえん。


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email