探求三昧2(旧はてなサイト) - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ(はてな旧サイト)




『2012』年に地球は…?


日曜日(11/15)に丸の内ピカデリーで『THIS IS IT』を見たときに、『2012』の予告編をやっていた。
「これ見たい」ということで、友だちと私の意見は一致した。


2012年人類滅亡説を題材にして作られた映画だ。
マヤ文明の暦が2012年12月21日〜23日頃に一つの区切りを迎えることから、世界の終末説というのが出てきた。
いまmixiで、この映画に関係して、「2012年の真実をみる」ことができる。
また、この映画のトレイラー(予告編)もある。
なぜmixiでこのようなことをやっているのか、全然わからないが。


『2012』は、11/21(土)から公開される。
ぜひ見に行きたい。
見ていて、いろんなことを考えさせられるだろう。
この映画のトレイラーは、こちらでも見ることができる。


2012年に地球が滅亡する可能性は?
ないと考えている。
だが、この前後に、地球にとって「何か大きなこと」が起きるという情報は、すでに得ていた。
もうずっと前のことだった。
あれからこの地球は変わったかというと…。
どんどん悪い方向へ向かっているとしか思えない。

『Five Years』

『2012』のトレイラーを見ていて、デヴィッド・ボウイの『Five Years』を思い出した。
「あと5年で地球は滅亡する」
そう知らされた世界の様を歌う。
「Five years, Five years」
「地球の命はあと5年だけなんだよ」
そう絶叫する異星人ロックスター、ジギー・スターダスト。
またの名を、David Bowie


David Bowie "Five Years"


月日は流れて…
この世界は、なんにも変わっていない。


ボウイは、まだこの歌を歌い続けている。
地球に対して絶望し切っているのか。
それとも、まだ一縷の希望を抱いているのか。


もし仮に、2012年に地球が滅亡するとしたら、
「あと3年」
「Three Years」
そう知らされた世界は、どうなるだろうか。


地球全体が犯罪の温床となるのだろうか。
世界は無政府状態になり、
退廃の極地。


ずっと言い続けてきた。
「スピリチュアルであること」がアンサーなのだと。
地球は危機的状況にあるのだと。


今のままの地球でいけば
この惑星は存在価値がないと、創造主に判断されても仕方ないかもしれない。
「地球は滅ぼした方が、宇宙全体にとって最善の選択ではないか」と。


もし、この地球に一筋の光明が残っているとすれば、
「自分のことよりも全体のことが大事」という人が増えていくことに期待することだろう。


インドの慈愛の聖母アンマは、こう言っている。

人類は科学分野で、大きな飛躍を遂げた文明人だと主張しています。しかし人間のやっていることを見ていると、心のレベルは 文明人などではなく、胎児の最終段階のサルと同じようなものです。
『フロム アマズ ハート − 聖なる母との対話』(シューリー・マーター・アムリターナンダマイー・デーヴィ、日本マーター・アムリターナンダマイー・センター)より


その「サル」たちは、いまや地球を滅亡寸前のところまで追いやろうとしている。


「今なら、まだ間に合う」
いつもそう思って、40年間生きてきた。
それでも諦めない。
そういう強い気持ちで、常に活動してきた。

はるか未来を想い
見えてくる映像は
砂漠に埋(うずも)もれてる
自由の女神


浪費と欲望とが
緑を蝕(むしば)む
災害・温暖化は
地球の病
(『Save Our Planet II』(作詞・作曲:Noya)より)


異星人も、神々も、われわれを救ってはくれない。
自分たちの問題は自分たちで解決しなければならない。
たとえ可能性はわずかでも。


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email