探求三昧2(旧はてなサイト) - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ(はてな旧サイト)




京都へ行ってきます


今は日付が変わって4/29(日)の2:10頃。
ちょっとバタバタしてましたが、やっと寝られそうです。
4/29(日)〜5/2(水)の3泊4日で、京都と奈良へ行ってきます。
今日は9:37品川発の新幹線に乗らなければならない。


平新(中京区蛸薬師通高倉西入)のすぐ向かいの町名が御射山町というのが気になってましたが、ブログのコメントで親切に教えてくれた方によって、だんだんと謎が解けてきました。
いわく、江戸時代まで、御射山町は「すわの丁」「諏訪の町」とよばれていたとか。
祇園祭礼の山鉾巡行にあたり、かつては、当町が御射山という山鉾を出したことに由来しているとのこと。
それで「諏訪の町」なのだそうです。
かつて京都には2つの諏訪町通りがあって、「すわんちょうどおり」と呼ばれていたそうです。
興味がある方は、下記ページで「諏訪町通」でページ内検索してみてください。
http://www.ne.jp/asahi/kiwameru/kyo/road/index.htm


近くの六角堂にも、前述の方のコメントによって興味が出てきました。
西暦587年に、聖徳太子を開基として創建されたと云われる。
梅原猛氏が「六角堂と太子信仰」について書いていて、氏は六角堂の中に「隠された十字架」を見たのではないかとか。
Google Earthで見てみると、なるほど六角形のお堂の屋根が見える。
これは絶対にお参りしなければ。


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email