探求三昧2(旧はてなサイト) - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ(はてな旧サイト)




マヤ暦は2012年で終わらない


以下は、沖縄のかみんちゅ比嘉良丸さんのmixi日記より要約。
mixiのかみんちゅネットワークなどでも、同様の情報が書き込まれています。

                                                                                                                                            • -

マヤの暦は2012年で終わるといわれているが、実はその後の暦がある。
暦の解読のため、マヤの神官たちがあつまって会議をした。
その結果として、2012年以降の暦の解読ができた。
マヤ暦を司る13代目の最高神官ドン・アレハンドロ師が、その情報を持って来日する。


アレハンドロ師によると、それは世界の崩壊を意味しないという。
マヤの暦が、巷の終末論に取り入れられて、2012年で地球が滅亡するような話を憂いているという。
暦の真実を伝えるために来日、し講演とセレモニーを行う。


沖縄では、かみんちゅである比嘉良丸氏と巫女さんが一緒に祈りを捧げる。
午後には、みんなで集まっての祈りを捧げる予定。
2008年3月10日 午後一時より(予定)場所は未定。


春分の日には、大勢で集まって祈りを行えるように呼びかけている。
この日も比嘉良丸さんと巫女さん方が参加する。
2008年3月20日(春分) 午前11:00-午後1:00 場所/富士聖地

                                                                                                                                            • -


同様の情報は、大国みろく大社ブログにもあります。


2012年頃にはアセンションとか大変動とか、いろいろな説が出ていますね。
私が何年も前から得ていた情報でも、「地球の終わり」はないだろうということでした。
でも、いろいろ大きなことがありそうだということも含めて。
これは、もしそれが本当に起きるとしたら非常に悲しい現実も含まれているのだけど、地球全体にしてみれば、致し方ないことなのかもしれません。
でも、やはり最小限に食い止めるように祈りはしなければならないと感じています。


いまダウジングで伺ったところ、3月20日に富士に行って祈るようにとのこと。
今後状況次第で変わっていくかもしれませんが。


上記イベントの詳細は、こちらにあります。
春分の日の祈りに参加する人は、持っていくものとかいろいろありますので、よく読んでください。


※今日はルルドのことも書いています。
mixiからリンクをたどってきた人は、いちばん最新の記事しか気づかない人もいるかもしれません。
週末にはいくつもの記事を一気に書くことも多いです。
平日に書けないフラストレイションを解消するかのごとく。^^
ひとつの記事を読み終わった後で、トップの【HOME】ボタンをクリックすると、最近の記事が連続して表示されます。


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email