探求三昧2(旧はてなサイト) - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ(はてな旧サイト)




【地震予知】フッガービーツ氏がチリ巨大地震の再来?を予測+「首都直下地震?」のヴィジョンと「神社で浸水」は現実に


f:id:nmomose:20200812211040j:plain

オランダの地震予知研究家フランク・フッガービーツ氏が今日発表の最新の地震予測で、1150年前に巨大地震と津波でチリで2万5千人が犠牲となったM8.5~M9.1の巨大地震に匹敵するような巨大地震があり得るという。
また今年3月に見たヴィジョンでは、神社が浸水するというものが7月の九州の豪雨で現実になってしまった。


 

フッガービーツ氏の最近の地震予測

まず、オランダの地震予知研究家フランク・フッガービーツ氏の地震予測から。
その前に、この数カ月間のフッガービーツ氏の予測がどうなったかを見てみる。

4/30~5/03

まず、「2020/04/30〜05/03の間にM7~M8の巨大地震が起こる」というもの。

→2020/05/02:ギリシャ南沖、M6.5

世界でM6クラスの地震が起きる頻度は3日に1回なので、偶然で起きる確率と変わらないだろう。

6/14~21

2020/06/14~06/21に最大M7クラスの地震を予測。

→2020/06/18 12:49UTC:ケルマデック諸島、M7.4
 ニュージーランド北島の500kmほど北東沖。

世界でM7クラスの地震が起きる頻度は23日に1回ほどのため、かなり良い方だろう。

7/20~23

2020/07/19 5:20に発表された地震予測。

おそらく20日から23日まで、中規模からM7クラス後半、もしかするとM8クラス級に達する可能性がある。

→2020/07/22 06:12UTC:アラスカ、M7.8

この人は、ディスられてからは起きる場所まで予測することを基本的にやめてしまったが、起きる地震の規模はかなり良い線を行っていることが多いように思う。

もちろん、23日に1回の頻度のところを4日間の狭い範囲内で当てるのだから、それもすごい。

8/2~3

次に、2020/08/05更新の予測。

8/2と8/3の惑星配置は大きな地震のトリガーとなり得るが、最もあり得るのは8/5~8/6で、場合によっては8/7になるかもしれない。


→2020/08/05 12:05UTC:バヌアツ、M6.4
→2020/08/06 23:36UTC:プリンスエドワード諸島、M6.3

この程度の地震では、偶然で起こる確率に近い。

8/13~16の最新予測

次に、これは日本時間で今日発表された最新の予測を。
2020/08/12発表の地震予測

8/12と8/14の惑星と月の配置は大きな地震活動のトリガーとなるかもしれない。
最もあり得るのはM6クラス中~後半で8/13~8/15に起こり得る。
特に8/14の惑星のピークはM7~M8クラスも起こり得るポテンシャルをもっていて、最も注意なのは8/15~8/16だ。

注意:
ヨーロッパ(オランダ)時間なので日本時間より多少遅れる。

フッガービーツ氏は、YouTubeで、これは1868年のアリカ地震に匹敵する規模となるかもしれないと語っている。

これは、1868/08/13 16:45(現地時間、21:30UTC)に、ペルー・チリ海溝沿いで発生したMw8.5~Mw9.1の巨大地震のこと。
この地震によって、東はボリビアまで揺れた。

全長約600kmにわたって断層破壊が発生したと推定される。
1604年にも、ほぼ同じ場所で地震(Mw8.6)が発生していた。

この地震で津波が発生し、アリカ沿岸では12mの高さになり、25000人の犠牲者が出た。
ハワイでは1.5m、カリフォルニア州サンディエゴで高さ0.3mだった。

日本でも、函館で2m、宮城県本吉郡と伊豆下田でも津波が観測された。

このため、いつも以上に注意した方が良いかもしれない。
世界のどこかでという予測だが、もちろん日本の可能性もあり得る。

百瀬のヴィジョン「神社が浸水」

次に、私が今朝見たヴィジョンについて紹介する前に、今年3月に見た夢について。

2020/03/04 6:00頃、酷い偏頭痛で眠れない時にウトウトしながら視た夢。
なぜか自分が浸水した大きな神社の境内の水の上を歩いていて、お祈りしようとして断念したところで目覚めた。
夢の中では浸水していることに全く疑問をもたなかった。


 

熊本県南部などを襲った記録的豪雨で、7月4日に球磨川が氾濫し、県内各地で土砂崩れや浸水被害が発生した。
熊本県人吉市上青井町にある青井阿蘇神社は、この日に楼門が冠水し、拝殿が床下浸水した。

下記の写真は、神社の境内だ。

f:id:nmomose:20200812223028j:plain
 

何とかできないものか??

青井阿蘇神社の位置をGoogleマップで検索して、愕然とした。

f:id:nmomose:20200812223056j:plain
 

球磨川から200mほどしか離れていない。

このように、青井阿蘇神社球磨川の氾濫域にあり、過去にもたびたび浸水被害に見舞われてきた。
1965年の球磨川大水害では、近隣の住宅地で2.1m、1971年の水害で1.1mの浸水を記録した。

さらに今年2020年の令和2年7月豪雨災害には、4.3mの浸水高を記録し、国宝の拝殿が床上浸水した。
国登録文化財の禊橋は、濁流で欄干が損壊するなどの被害が出た。

国宝の貴重な神社で、過去に度々被害に遭っていたならば、普通はもっと安全な土地へ遷座ということを考えるだろう。
それをしないのは、やはり川を守るとか意図があるのだろうか。
過去に何度も津波でやられた神社は、どんどん高台へと遷座する。
それが普通ではないだろうか。

私が神社の浸水の夢を見たことは、すっかり忘れていた。
先ほどそれを知って、落ち込んだ。

もっと周知すべきだったと。
もちろん、私は周囲の見える人々とは異なるが、このように夢やヴィジョンが現実になる時もあるという自覚を、もっと持たなければならない。

ヴィジョン:首都直下地震?

次に、今朝見たヴィジョン。

https://www.instagram.com/p/CDxG8HiANm8/
【ヴィジョン】2020/08/12 6:00頃、寝ていて一時的に目覚めて、1秒未満で一瞬見えた。ビルか民家が倒壊してゴロンと横になっていた。「首都直下地震?」と思ったが定かではない。#ヴィジョン #ビジョン #予知夢 #地震予知 #地震前兆 #地震予測
 

本当に一瞬の、1秒にも満たない瞬時だった。

首都直下地震かもしれない夢やヴィジョンは何度か見ているが、見るたびに着々と近づきつつあるということを、忘れてはならない。

私がこれまで見た夢・ヴィジョンなどは、下記の『【資料】百瀬直也のヴィジョン・幻聴・予知夢~現実になったものは結果を追記』のページでまとめている。

今日のYouTube動画

2010/12/28、タイ、チェンマイのメーサ・エレファント・キャンプで撮影。
象さんたちが天才的な絵画を描くのは、これを見るためだけにチェンマイへ行く価値ありか。
サルのテーマパークとか色々あって楽しい。

ブログ移転検討

今度、15年ほど親しんだ「はてなブログ」を離れて別のブログサービスへ乗り換えようかと検討中。
今すぐではなく、決まったらまたお知らせします。

デザインもドメイン取得もまだだけど、Bloggerで仮に作ってみた。


 




Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email