探求三昧2(旧はてなサイト) - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ(はてな旧サイト)




茨城県南部で地震(2)


下の(1)から先に読んでください。
私のブログは、1日のうちで何度か更新したときは、基本的に新しく書いた部分を上に積み上げていく形なので。

今日11:29の茨城県南部の地震は、「戦場」で働いている看護婦の家内も、さすがに気がついたほどの地震だったようだ。
小平市あたりは震度1だった。
あの地震の後も耳鳴りが止まらないので、まだあるのかなと思っていたら、こんどは新島・神津島近海だった。
それにしても、耳鳴りで耳が痛く感じたなんて、生まれて初めてかもしれない。
地震前兆現象の掲示板で、よく耳が痛いとか書いている人たちを見て、半信半疑だったが、自分で体験してしまった。
耳鳴りは、今日の昼間ほどはひどくはないが、まだ続いている(21:00現在)。
今日の茨城県南部の地震のときの天体配置(ホロスコープ)を載せておく。
繰り返し書くが、便宜上ホロスコープソフトを使って天体配置をチェックしているけれど、「占星術的によって占っている」わけではないので、誤解のないように。

ちょうど月と金星が会合した(コンジャンクション、つまり地球から見て0度の角度)ときに茨城県南部の地震が発生している。
8日は月が地球にもっとも近づいたというから、そのせいもあったのかもしれない。
これから明日にかけて、太陽・水星・海王星が会合しているところを月が通過していくので、このあたりも注意が必要だ。
太陽と月が会合するというのは、もちろん新月ということだ。
その直後には、恐い(?)天王星も月を待ち構えている(2/11頃)。
地震予知協会のトップページで、8日から10日は関東地方は要注意とあったが、今日の地震のことだったのか。それともまだ続きがあるのか。
http://www.interq.or.jp/earth/eqc/
ただし、この期間にある程度の規模の地震はあるかもしれないが、大地震は起きないとダウジングでも出ていたし、大きな被害が出る地震があるという予感はしていない。
これを書いているうちに、また耳鳴りがひどくなってきた。
「夏場にセミがたくさん鳴いているような」というような表現は、あまり適切とはいえないが、他に思い当たらない。


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email