探求三昧2(旧はてなサイト) - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ(はてな旧サイト)




I Me Mine


ビートルズの歌に『I Me Mine』というのがあった。
アルバム『Let It Be』に収録された、ジョージ・ハリソンの曲だ。
ジョージ・ハリソンといえば、ビートルズの中で、霊性の探求にいちばん熱心だった。
というか、他の3人をインドへ連れて行ったのが彼だった。

「わたし、わたしが、わたしのもの」
来る日も、来る日も、人々が言いつづけているのは、それだけ。

天変地異が頻発しても、
地球温暖化が進んでも、
「じぶんが、じぶんが、じぶんたちが、じぶんたちの」

たとえ神の子が地上に生まれてきても、
聖者たちが「地球が危ない」とどんなに訴えても、
「I, Me, Mine」

なぜ、全体のことを考えられない?
なぜ?
なぜ?
なぜ?
Because...
I, Me, Mine
「みんな、自分のことばかり」
むかしのローリー・アンダーソンの歌の歌詞だ。

「震災ユートピア」という言葉を知ってますか?
あの大震災を経験してから、
ごった返した避難所生活を経て、
神戸の人々は、妙に優しくなったそうです。
助け合って、分かち合って、厳しい現実に耐えていくことを学んだようです。

東京で数十万人の死傷者が出るような大地震が起きたら、
冷たいと言われる東京の人々は、少しは優しくなるでしょうか?
道端で人が倒れていても見向きもなしない人々が、
少しは助け合って生きることの大切さを学ぶでしょうか?

この世に無駄に起きることはないとしたら、
地獄絵図のような天変地異からも、何かを学ばなければならないということなのか。


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email