探求三昧2(旧はてなサイト) - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ(はてな旧サイト)




アンパンマンのマーチと弘法大師の言葉(1)


小さい子たちはみんなそうだろうけれど、うちの息子のYがアンパンマンが大好きで、毎日アンパンマンのビデオやDVDを見ている。
アンパンマンを見ていて好感がもてるところは、善役と悪役の境があいまいだということ。
バイキンマンも、時にはアンパンマンたちと仲良くやってるし、Yも他の子たちも、きっとバイキンマンが大好きだろう。
勧善懲悪の世界というのは、ヘタすると、どこかウソくさいものになってしまう。
この世には、絶対的な善とか絶対的な悪なんてないんだということ。
アンパンマンなんて、どこがそんなにいいのかよくわからないが、かんたんに人間を殺してしまうようなドラマや映画やマンガにはうんざりしているので、こういうマンガはホッとする。
善の名のもとに殺人を犯すなんて、もういいかげんにしてほしい。
死刑執行にさえ反対しているというのに。

ところで、毎日のように聴かされているアンパンマンの主題歌『アンパンマンのマーチ』のこと。
歌詞をそのまま書くと著作権法に抵触するので、要するにこういうことを言ってるんだということを言い換えて書くと…

何のためにこの世に生まれてきて
何をして生きるの?
そんなことも答えられないなんて
そんなのはイヤだ!
幸せってなに?
何をしたら嬉しいの?
それがわからないままで
人生を終わるなんてイヤだ!

なかなかいいこと言ってるじゃないかと思った。
幸せイコール欲望の充足というのだったら、人生あまりにも悲しすぎる。
80年も100年も生きて、何のための人生と思ってしまう。
もちろん、作詞したやなせたかしさんには、そういう意図はまったくないだろうが、スピリチュアルな読み解きをすると、そうなるという話。
歌の歌詞なんて、その人の思い入れによってどうにでも解釈できるし、芸術とはそういうものだろう。

私がよく引用する弘法大師空海の名言で

生まれ 生まれ 生まれ 生まれて
生の始めに暗く
死に 死に 死に 死んで
死の終わりに冥(くら)し

というのがあるけれど、アンパンマンマーチを聴いていると、なぜかこの空海の言葉を思い出すのだ。

生まれる前はどこから来て
何のために生まれてきて
死んだ後はどこへ行って
何のためにそれを繰り返すのか?

そんなことさえもわからないままに
一生を終わりたくはないですね、という話でした。

付記

…と、ここまで書いて終わるはずだったが…
いまネットで検索したら、アンパンマンの原作者のやなせたかしさんって、高知県出身だそうだ。
アンパンマン空海なんて何気にタイトル付けてしまったけれど、弘法大師と同じ四国の人なんだ。
どこかでつながっていたら面白いのだけど…。

もっと調べたら、あのよく知られた『手のひらを太陽に』も、やなせたかしさんの作詞だったんだって。
たしかに、どこか通じるところがあるな。両方ともマーチだし。
この2つの歌の歌詞、下記ページにあります。JASRACの承諾を得ているみたいで。
http://utagoekissa.web.infoseek.co.jp/tenohirawotaiyouni.html


以前から『手のひらを太陽に』を聴く度に「ぼくらはみんな生きているって、それがどうした?」と思ったものだったが、そういう意味でいうと、アンパンマンのマーチの方が人の道を教えてくれる?
こうして歌詞を読むと、哲学的内容が込められているとも取れて、あんまり子供向けの歌ではないな。

1961年にテレビ朝日で放映された頃の主題歌のサブタイトルが「We are not alone」って、どこかで聞いたことあるな(『未知との遭遇』のキャッチコピー)。
このフレーズ、スティーブン・スピルバーグよりも先に使っていたんだ。
この記事、何気に書いてしまったけれど、けっこう深くなってきたな。
続きを書こうかな。
22:15 112599


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email