探求三昧2(旧はてなサイト) - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ(はてな旧サイト)




千葉県北西部で地震M5.1


今夜20:36頃に、関東地方で大きな地震がありました。
震源は千葉県北西部で、マグニチュード5.1、最大震度4でした。

発生時刻 2006年2月1日 20時36分ごろ
震源地 千葉県北西部
緯度 北緯35.8度
経度 東経140.0度
深さ 110km
規模 マグニチュード 5.1


ここのところ仕事が忙しくて帰宅が深夜になるため、なかなかブログを書けないのですが、地震発生直後からアクセスが急上昇していたようです。
地震があると百瀬が何か書くだろうと期待してアクセスする人が多いようですね。
あるいは、はてなのキーワード機能で「地震」をクリックしてたどり着く人も多いのでしょう。
特別に書くことはそれほどないのだけど(?)、なんにも書かないと、期待して見に来る人たちに悪いので…(?)。


ぼくは品川のビル6階で仕事中で、最初の一揺れは下から突き上げるような揺れ方で、その後に10〜20秒ぐらいゆらゆらと横に揺れていました。
品川あたりは大地震が起きたら液状化現象が恐いところですね。


うちの2歳の息子のYは、ここ数日「地震が来るよ」と家内に言い続けていたそうです。
やっぱり「わかる」みたいです。
みなさんの家の小さなお子さんたちは、どうですか?
殊更に恐怖心を煽ってはいけないけれど、そういう子供たちの言う事を無視したり「そんなこと言うものじゃない」と怒ったりしても、悪影響があると思うんですね。
対応がむずかしいですね。
生まれて間もない小さな子供たちほど、アストラル次元に通じている(向こうの世界でも同時に生きている→わかってもらうように書くのはむずかしい…)から、わかるんでしょうね。
地震が来る」と言ってママに抱きついたのが、ちょうど1週間前の1/25でした。
M5程度の地震でも、そのくらい前から前兆があるのかもしれません。


MIXIマイミクで、土曜日頃に地震が起きる夢を見た人がいましたね。
彼女いわく、MIXIで検索したら、その前後に地震の夢を見た人がたくさんいたとか。
先日のインドネシア近海のM7.7だったのかもしれないけれど、どうなんでしょう。
また、コメントに書いてくれた関西の人で、東の方から津波が来る夢を見たという人。
そういう人たちは、きっと「守られている」だろうから、自分の感性を大切にするとともに、いざというときには安心していいかも。
ただし、安心しきるのも良くないでしょうね。
こういうことは、表現がむずかしいですね。


昨日の夜は家でひどい耳鳴りに悩まされていて「これは何かあるな」と思ったのだけど、書き込む余裕がありませんでした。
耳鳴りと耳圧の違いが、いまいちわかりません。
基本的には、耳圧は大きな地震の前兆だと思っているのだけど。
ここ数日、昼間に耳圧も感じていたのだけど、設計段階に入って多忙で記録をとる暇もありません。
品川あたりだと液状化現象が恐いから、人ごとではありません。
うちの家内も、最近は避難バッグを用意したり、いざというときに備えているようです。
「備えあれば憂いなし」ですからね。
災害のときに帰宅するための本とか出ていますが、それ以前に自分たちの命が助かるかどうかを考えるべきではないかと。


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email