探求三昧2(旧はてなサイト) - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ(はてな旧サイト)




宮古の地震と前兆?


最近耳鳴りや耳圧のことを書かないのは、決して耳鳴りがしないのではない。
始終耳鳴りを感じているので、いちいち書いていたら収拾がつかなくなるから。
そして実際、ここのところ(能登半島地震以降)、国内では、中〜大規模の地震が相次いで発生した。
これだけ頻発すると、いつの体感がいつの地震の前兆だったのかを判断するのは、非常に困難になる。
こういうときには逆に、地震予知の役に立たなくなるだろう。

■ここ1週間ぐらいに起きた中規模の地震
  • 2007年4月15日12時19分、三重県北部、M5.3
  • 2007年4月16日9時55分、父島近海、M5.2
  • 2007年4月19日0時7分、胆振支庁中東部、M5.5
  • 2007年4月20日 10時46分、宮古島北西沖、M6.7
  • 2007年4月21日 4時38分、沖縄本島近海、M5.9


今日は夕方に、左耳に強い耳鳴りがあった。
17:00頃だったか、花小金井駅前の上空に、北東−南西方向に長く延びる筋雲を観測。
南西方向にかなり傾斜していた。
普通ならば、宮城県沖とか北海道沖などの大き目の地震の前兆かと思うのだが…。
今回は、南西方向(沖縄とか)なのかもしれない。
宏観現象関係の掲示板でも、不穏な雲行きが報告されている。


そういえば、大国みろく大社カミンチュー比嘉良丸さんの「啓示」では、能登半島地震は警告通りに起きてしまったが、規模の割には被害が少なかった。
そして次は沖縄方面ということだったのだが…。↓
http://plaza.rakuten.co.jp/ookunimiroku/diary/200704080000/
上記ブログでは、4/8に良丸さんの言葉として、次のように書かれた。

今月から5/1あたりまでにかけて沖縄本島を含む地震と大津波、その後の関東から北陸にかけての臨海事故のビジョンを見せられておりますので祈りの行脚を続けて参ります。


そして昨日4/20(金)に、宮古島付近で、実際に大きな地震(M6.7)があった。

発生時刻 2007年4月20日 10時46分ごろ
震源宮古島北西沖
緯度 北緯25.7度
経度 東経125.2度
深さ 40km
規模 マグニチュード 6.7


なので、今日の前兆も、もしかしたら向うの方かもしれないと思うのだが。
良丸さんからは、引き続き4/25を中心に5/1まで祈りを合わせてくださいというお願いが出ている。


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email