探求三昧2(旧はてなサイト) - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ(はてな旧サイト)




多摩東部でM3.8地震+ナマジー警報


今朝も朝方に目が覚めてしまった。
その数分後に、地震があった。
今朝4:59に、東京都多摩東部を震源とするM3.8の地震だった。
最大震度3で、ここ小平市では震度1の揺れ。
睡眠中にP波を感じて目が覚めるのだろうか。


普段は、こんな小規模の地震を話題にすることはないのだが。
1/26(月)から書いていた一連の前兆に対応する地震のようなので、いちおう書いておく。

発生時刻 2009年1月30日 4時59分ごろ
震源地 東京都多摩東部
緯度 北緯35.7度
経度 東経139.5度
深さ 30km
規模 マグニチュード 3.8


今朝起きたときに、布団の中であまり寒くなかった。
外は小雨が降っているのに。
地震が起きるようなときは、地熱が上昇して周囲の地域よりも気温が上がると言われている。
Google Earthを見ると、どういうわけか今朝の地震はプロットされていない。
なぜかYahoo地震情報でも、地図が載っていない。
多摩東部というからには、震源小平市に近いところだったのだろう。


1/26(月)にあった鈍い頭痛と胃の不調は、この地震の前兆だったのかもしれない。

また、1/27(火)に書いた、部屋に下りてきた(?)クモも、今朝の地震を予知していたのだろうか?

昨日1/29(木)の記事では、昨夜23:00頃にピーッという正弦波的な耳鳴りがあったことを書いた。
これがあると、だいたい翌日に地震がある。
また、「小規模でも、ここ小平市から近いところが震源だったりとか」と書いておいたが、その通りになった。↓
けっこう勘が冴えてたな。^^


というわけで、「想定内」の地震だった。
いつも、こううまいこと行くわけでもない。
はずすことも少なくないのだが。
今回は距離が近かったのと30Kmと比較的震度が浅かったので、前兆がよく出たのだろう。


これで地震警報解除と行きたいところだが…
今朝の地震の後も、ナマジーが2回ほど電磁警報を発していた。
まだ別の地震がありそうだ。
これだけ連続して地震があると、予測が立てにくいが。
昼間も室内にこもりっきりの仕事で、空を見る暇がないのが残念だ。
地震雲などの宏観現象を観測した人がいたら、いつでも知らせてください。


いつも書いていることだが…。
空の状態や動物の異常行動などの宏観現象によって、地震はある程度予測できる。
いくら科学者たちが否定しても、事実は事実なのだ。
空や動物たちを観察することによって、自分やまわりの人たちの命が助かることもあるかもしれない。


【緊急改訂】大地震の前兆 こんな現象が危ない (プレイブックス)

【緊急改訂】大地震の前兆 こんな現象が危ない (プレイブックス)

(故池谷教授の遺作〜私にとって地震予知のバイブル…万人必読の書)


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email