探求三昧2(旧はてなサイト) - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ(はてな旧サイト)




スピリット百瀬師の神の手


今日はけっこう強い雨なので、サルちゃんの日本語クラスは自主休講。
朝起きて、テレビをつけると、日本テレビの『ぶらり途中下車の旅』をやっていた。
今日は、演歌歌手の香田晋京浜東北線沿線をぶらり旅する。
東十条を下車して、車が入っていけない狭い路地を入って行く。
そこにあったのは、『マジックファンタジア』という手品用品の店。
でも、こういうのって予めリサーチしておくんだろうね。
それを、あたかも偶然見つけたかのような「演出」をする。
テレビって、こういうところが嫌いなんだよね。
民放というのはお金お金で成り立っているから、そこに誠実さを期待する方が無理なのかも。


こういうマニアックな店は、人通りがないところにあっても口コミで広まっていくから良いのでしょうね。
その小さな店に入っていくと、そこに居たのは、スピリット百瀬という老人マジシャン。
同姓なのにまったく聞いたことがなかったが、マジックの世界では知らない者がいない存在だという。
そういう人物が「たまたま」店に来ていたというのもなんだか怪しいが、そこまで疑うときりがないかも。


店主が言うには、この人はカードの技がすごいという。
トランプカードを投げて、キュウリを切ったりもできるという。
奥のスタジオで、それを実演してもらうことに。
2〜3メートル離れたところに立っているキュウリを、カードを投げて切ってしまった。
その投げるスピードが信じられないくらい速い。
お次は、カードを投げてローソクの炎を消してみせた。
2メートルぐらい先に立っているローソクだ。
これは「マジック」ではなく、「技」なのだろう。


百瀬師は、その世界では「伝説のマジシャン」とか「神の手」とか呼ばれているらしい。
名古屋出身で、本名は大嶽重幸という。
なぜマジシャンの姓が百瀬なんだろうね。
ナイーブな一面があり、緊張をほぐすためにステージに出る前にアルコールを入れることもあった。
そのためか、アルコール依存症になって一時期はホームレス生活も経験したとか。
YouTubeで「スピリット百瀬」で検索したら、まったく見つからなかった。残念。
Amazonで検索したら、DVDがいろいろ出ていた。



Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email