探求三昧2(旧はてなサイト) - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ(はてな旧サイト)




今日の地震前兆現象概況(2005/01/27)


今朝の小平市では、飛行機雲がたくさん出ていた。
自衛隊の演習か何かだろうか。あやうく地震雲と見まちがえそうになった。
飛行機雲の場合、ふつうは5分か10分そこにとどまって見ていると、拡散していって消えていく。
飛行機雲というのは、本当に地震雲と間違えやすいので注意が必要だ。
高高度で飛行していて、飛行機自体が見えないのに、リアルタイムで飛行機雲が作られていくのが見えることもある。
もっとも、鍵田説だと、飛行機雲が出やすい時には地震雲も出やすいそうだが。

2005年1月27日 8時43分ごろ、地震があった。
震源地は茨城県沖 (北緯36.7度、東経141.5度) で、マグニチュード4.3。最大震度2
ちょうど私が通勤途中に飛行機雲を見ていた頃で、もしかしたら本当の地震雲も混じってたかもしれないが。
今朝の東京周辺では、筋雲が見えたという報告が多い。
茨城県沖の地震の前兆だったのか。
これで関東周辺の前兆現象は収まるか…。
昼頃の小平市では、特に空の異状は見られない。


太陽活動は収まってきたようだ。
月齢では満月トリガー期間は過ぎたが、天体配置からいうと、28日あたりに月と天王星オポジション(衝、180度)を作るので、もし前兆現象があるようならば、ちょっと注意だ。
何度も繰り返すが、大地震が起きるときに現れることが多い天体配置ができても、それだけで地震が起きるわけではない。
あくまでも地震エネルギーが活性化しているところで地震発生のトリガーとなるかもしれない事として研究しているわけなので、お間違いなく。


今朝も2回ほど耳圧があった。
いまも、かなり耳鳴りがしている。
どうも精神的に落ち着かない。
東海アマチュア無線地震予知研究会のBBSでは、中越M5〜6余震が本日発生する可能性が強まったとか、関東〜北海道の太平洋ラインに超大型前兆とか、相変わらず物騒なことが書かれているが、あれは「いつものこと」らしい。
12:15 57004

追記(1/27 22:50)

今日は朝から4回以上耳圧を感じた。飛行機に乗っていて気圧が変化したときに感じる耳が抜けるような、または圧迫感を感じるようなものだ。
特に18:00すぎに断続的に耳圧が続いて、その後耳圧と耳鳴りが同時に起きていた。
こういうことは今までに経験がなかったように思う。
何か個人的な体調の不良によるものなのか。
いまでも耳鳴りが続いている。

今日は朝からいろんな掲示板で、体調不良や耳などの不調を訴えているような書き込みが目立つようだ。
それに、動物の異常行動もけっこう報告されている。
先に書いたように、天体配置からすると、現在すでに月と天王星オポジション(180度)を作っていて、これが28日の夜ぐらいまで続く。この間は要注意かもしれない。

プロジェクトEでは、東京で帯状の雲を見たとか、カラスを見ないとかいう報告あり。
某掲示板の書き込みによると、東京が危ないと言っている霊能者はいないけれど、新潟はこれだけで終わらないと、いろんな霊能者が言っているとか。信憑性のほどはわからないが。

ここ数日にしても、どうもまわりが騒がしいが、23日に東京で大地震とか津波が来るとか言われていたときでも、正直いって、どうもピンと来なかった。
東京でそんな大きな地震があったら、それこそ日本の一大事で、普通の人たちも多くは夢を見たりイヤな予感がしたりするだろうし、まして霊能者たちは、誰も気がつかないということは、あり得ないだろう。
1つだけの情報源に頼り過ぎないということも、時には大切だと思われる。


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email