探求三昧2(旧はてなサイト) - 地震前兆/超常現象研究家・百瀬直也が地震・災害予知・防災・予言などを探求

地震前兆・超常現象研究家の百瀬直也が地震予知・災害・防災・予言などを探求するWeb/ブログ(はてな旧サイト)




岩手県・宮城県などでM7.0の地震(岩手・宮城内陸地震)


昨日は朝6:00頃まで起きていて、普通だったら昼頃に起きてくるパターンだった。
だが、朝に地震があったので、寝ている場合ではなくなった。
けっこう長く横揺れが続いたので、東京からかなり遠くの場所で大きな地震があったのだろうと思った。
「もしや、東北ではないか?」
携帯でmixiにアクセスすると、案の定、東北で大きな地震が発生したことを知らせるメッセが、マイミクさんから届いていた。


心配になって、10:00頃に起きてPCをチェック。
地震情報の地図で震源の場所を見て、思わず「アーッ」と、ため息ともつかない声が出てしまった。
なぜかというと、あとで書くが、私の「手」が予測していたあたりだったのだ。
手というか、「うしろの人」というか。


今朝8:43に、マグニチュード7.0の大きな地震が発生していた。
震源は、秋田県岩手県山形県宮城県との県境に近いところで起きていた。
ちょうど、私が何度もマップダウジングをやって、出ていたのと、そう遠くないところだった。
内陸の直下型地震なので、被害が心配だ。
岩手県宮城県で、最大震度6強を記録した。

発生時刻 2008年6月14日 8時43分ごろ
震源岩手県内陸南部
緯度 北緯39.0度
経度 東経140.9度
深さ 10km
規模 マグニチュード 7.0


その後も、宮城県北部でM5.6の余震をはじめとして、頻繁に起きている。
気象庁の発表では、震源は「岩手県奥州市」となっているが、下記のGoogleマップで見る限りでは、もっとも規模が大きかった上記の地震震源は、秋田県湯沢市だ。
Googleマップが使用しているUSGSのデータにズレがあるのか。
今後も大き目の余震に注意が必要だろう。
さいきんmixi経由で山形とか東北の人たちと知り合う機会が多かったけれど、みなさん大丈夫でしたか?

必死に知らせようとしていた!

今日の地震も、かなり以前からダウジングで知らされていたようだった。
まず最初は、2008/05/29(木)1:30頃のことだった。
何者かに耳たぶをつままれるような、いつもの感触。
経験的に、「うしろの人」からの合図なのだと思う。
いつも、このようにぼかして書いているが、要は「守護霊」とか「守護神」とか、なるべく使いたくないのだ。
「どこかで大きな地震があるのだろうか…」
そう思って、マップダウジングをして、出たのは《福島県郡山市》だった。↓


次にダウジングをしたのは、5/29(木)19:35頃だった。
このときには、《山形県米沢市》あたりと出た。↓


次に、6/2(月)に、夏休みに聖地巡礼するところをダウジングで伺った。
そのときに出たのが、宮城県牡鹿半島あたりだった。
だが、6月2日0時58分頃に、ちょうど牡鹿半島のすぐ沖でM5.0の地震があったので、「これだったのか」と思った。
これだけは微妙なところだが、この日の地震と今日の地震の両方を示したかったのだろうか。


牡鹿半島といえば…。
今日のニュースによると、女川原子力発電所宮城県女川町、石巻市)は1号機が定期検査中で、2・3号機が運転中だった。
2基とも緊急停止などはなく、運転を継続しているという。
この女川原子力発電所が気になって、地図で調べて見る。
すると、それは牡鹿半島の付け根あたりにあった。
ダウジングでこのあたりが出ていたのは、もしかして、これのせいもあったのだろうか?


いつも書いていることだが、たとえば聖地巡礼する場所を「うしろの存在」に尋ねているときでも、近いうちに大きな地震があるときには、質問とはまったく関係なく、地震が起きそうな地点を指し示すことが多々ある。
このことに気づいたのは、ごく最近なのだが。
Googleマップ地震情報を貼り付けておく。
オレンジ色の丸印が震源で、左端の凡例にあるように、丸の大きさが地震の規模を示している。



次に、06/10(火) に再度、夏休みの聖地巡礼先を訪ねた。
そして出たのが、青森県下北半島の西の沖合い。

これは、今日の地震震源から、かなり大きくはずれてしまったということか。
このあたりで別の地震が起きる可能性は、まったくないとは言えないが。


また、ブログに書いていなかったが、それ以外の日にも、夏休みの聖地巡礼先を尋ねていて、なんどか東北が出ていた。
ダウジング記録には、下記のとおりに記してあった。

出羽三山は何度か出たのだが、ダウジングが不調なのだと思って、記録もつけなかった。
巡礼先として、岩手県青森県が出ていたときもあったが、これらも没にしていた。


それから、おとといの夜にも、左の耳たぶをつままれる感触があった。
いつもよりも強く、まるで本当に人間に触られているような感触だった。
すでに深夜で寝る前だったので、マップダウジングをせずに寝てしまった。


5月下旬から東北のある女性から相談を受けていて、ある仕事につきたいのだが、どこで就職先がみつかるかと聞かれていた。
そこで出ていたのも、ずっと仙台あたりだった。
いま思うと、これらの結果は、今日の地震の影響を受けていたのではないだろうか。
あらためてダウジングをしてみると、まったく違う結果が出るかもしれない。

ナマジーと体感

今回は、震源が東京から比較的遠かったせいもあって、たとえば茨城県沖あたりでM6〜M7程度の地震がある前に較べると、それほど大きな体感はなかった。
だが、5日前の6/9(月)に軽い頭痛と胃の不調があって、これは前兆を体感していたのだろう。
また、昨日は朝の通勤のときに既に体がだるく、仕事へ行くのがイヤだった。
その午後に鈍い頭痛があって、護国寺の夕勤行は行こうかやめようか、かなり迷ったものだった。
これも、24時間前をすぎて発生する電磁波のピークによるものだろう。
ちなみに電磁波過敏症の症状として、「体がだるい」というのもあるようだ。


ナマジーの方も、震源から遠かったせいもあって、電磁警報はそれほど多くはなかった。
だが、電磁レベル6〜7の、警報にならない記録は、6月上旬あたりから毎日のように頻繁に出ていた。
震源から距離があったので、電磁レベル8以上になることは少なかったのだろうか。

「山形で大地震」の噂について

5/31の記事で書いたが、mixiのマイミクさんが2人、大きな地震が起きる夢を見ていた。
ちょうどその頃、「6月25日に四川並みの大地震が山形を震源地にして発生する」という噂が飛び交っているのを知った。
じつは、中には「6月15日前後」というパターンもあったのだ。
「火のないところに煙はたたない」というけれど、この噂も、まったくのデタラメとはいえなかったようだ。
その多くは「ブラジルの予言者が予言している」という形だったので、ジュセリーノはそのような予言は行っていないということで、私はその噂を否定してきた。


だが、今思うと、一概に否定してはいけなかっただろう。
特に、いちばん心配していた山形県のみなさんには、謝らなければなりません。
適切な情報を提供できずに、すみませんでした。


もしかして、どこかの地震予知をやっている人か誰かが、東北で大地震の可能性を公表していたのだろうか。
そのぐらいの可能性しか、今は思いつかない。
それが噂の発生源のひとつとなっていたとしたら、大きく反省すべき点だ。
私の頭は否定していても、前述のように、私の体は…というか、ダウジングでは「わかって」いたのだった。
もっと素直にならなければならない。
それと、もうひとつの課題は、地震を予測する際ののマップダウジングの精度を上げることだろう。
数年前、地震予測のダウジングを頻繁にやっていた頃は、もっと精度が良かったかもしれない。
こればかりは、もっと経験を積むしかないだろう。


6月25日のことをまだ心配されている人が多いようだが、通常のケースでは、今日のM7.0以上の地震(余震)が25日頃に発生する可能性は、低いだろう。
ただし、気象庁は「今後も2、3日から1週間にわたり、余震が活発に起こる恐れがある」として注意を呼びかけているので、十分な注意が必要だ。
気象庁によると、震度6弱の余震もありうるということだ。

教訓

今日の地震で、いろいろと反省させられることが多い。
教訓として、思ったことは、次のようなことだ。

  • うしろの存在から体を張った(?)合図が来たときには、大きな地震を警戒すること。
  • 聖地巡礼先を伺っていて、まったく聖地がなさそうな変な場所が出るときには、地震の可能性を考えること。
  • たとえ噂にすぎないと思ったことでも、何かしらの根拠はあるかもしれないと考えること。
  • ちょっとした頭痛や耳鳴りでも、いちおう公の場で記録を残すべき。


11:30現在、この地震で死者が2名出ている。
奥州市胆沢区の石淵ダム近くの国道397号で、乗客ら17人の乗ったバスが、崩れた土砂に埋まっているというニュースもある。
岩手県奥州市で幼稚園児など5人が負傷。
一関市では家屋2棟が倒壊した。
宮城県栗原市で5人が負傷し、1人が心肺停止に陥った。
また、橋が落下した。


再度書いておくが、私が判断する限りでは、ブラジルのジュセリーノは、今日の地震に該当すると思われるような予言はしていない。
出羽三山、ちょっと行きたかったけれど、これでなくなるだろう。^^;


今日は昼の12:00時点で1200アクセスを突破している。
アクセス解析で調べると、その多くはYahooで「ジュセリーノ」や「山形」といった単語の組み合わせによる検索でたどりついたようだ。
この調子だと今日は新記録が出るかもしれない。
ぜんぜん嬉しくない新記録だが。


こういうことが頻繁にあると「俺はプチシャーマンか?」と思ってしまう。^^
少なくともいえるのは、地震の危険性を知らせることも、私の「使命」のひとつなのだろうということ。


大地震の前兆集?生き残るための必須知識 《1動物編》

大地震の前兆集?生き残るための必須知識 《1動物編》


Copyright (C) 2004-2020 Naoya Momose - 百瀬直也. All Rights Reserved. Email